賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

田舎暮らしの家族

不動産投資

移住先のおすすめまとめ!地方別の特徴とは?

更新日:

全国の田舎に移住して、ゆったりとした田舎暮らしを考えていらっしゃる方は、どの地域に移住すべきか考えることでしょう。日本国内でも地域によって気候や文化、習慣などが異なっていますので、その後の生活に大きな影響を与えます。

この記事では、移住先の全国各地のポイントをご紹介します。

全国のおすすめ移住先のまとめ

それではさっそく、全国各地の移住先としておすすめできるエリアの概要を見ていきましょう!

北海道

北海道は冬の寒さが厳しそうですが、エリアによっては積雪があっても交通の不便さはそれほどなかったり、気密性が高い家だったりと快適に過ごすことができます。広大な大地や豊かな自然がある北海道で、楽しい田舎暮らしを楽しめるでしょう。

また、レトロな街並みが魅力のエリアもあるので、自然とともに街の良さを堪能できるのが魅力です。下記では、どのようなおすすめ都市があるのか解説しています。

北海道のおすすめ移住先まとめ!田舎暮らしならここが良い!

東北

比較的寒さが厳しく移住先として敬遠される方が多いイメージがある東北。ある程度都市部に住めば田舎の不便さはありませんし、デメリットをネットスーパーなどテクノロジーでカバーすることができます。

また、豊かな自然と食材を楽しむことができるエリアでもあります。

産業が活発に行われている地域や移住支援が充実している地域などもあります。

東北のおすすめの移住先まとめ!移住するならココが良い!

関東

都市部のイメージがあり、移住と結びつきにくい関東でも郊外に行くと豊かな自然とゆったりとした田舎暮らしを実現させることができます。

工場や研究が活発に行われているエリア農業を始めやすいエリアなど、目的に合わせた移住先を選択できます。

都心から車で数時間というアクセスが良い地域も多いので、いきなり遠方には移住しにくい方でも安心できるでしょう。

関東のおすすめ移住先まとめ!ゆっくり暮らせるエリアはココ!

中部

中部には有名な観光地が含まれていたり、アクティビティを楽しみやすいエリアもあります。温泉やアウトドアなど、自然を堪能したい方に魅力的な地域がたくさん含まれています。

観光地の近くでたくさんの温泉巡りをしたい方にぴったりの街や、広い家でゆったりと暮らせるエリアなどがあります。山が広がるエリアから太平洋側だけでなく日本海側にも移住先としておすすめな都市があるので、豊富な選択肢がある地域です。

下記では、どのような特徴があるのかさらに詳しくご紹介しています。

中部のおすすめ移住先まとめ!田舎暮らしをスタートさせるならココ!

近畿

近畿は大阪などの都市部からそれほど離れていないことから、都会と田舎のバランスが取れているエリアが多くあります。

住みたい田舎」ランキングでトップになった兵庫県養父市や、ゆるキャラでも知られる滋賀県彦根市などがあります。

これから田舎に移住したい方はぜひチェックしておきたいエリアです。日本最大の湖の琵琶湖のそばにある彦根市だけでなく、京都の山奥にある田舎など魅力たっぷりの地域をご紹介します。

近畿のおすすめ移住先まとめ!移住を考えるなら自然が豊かなココがいい!

四国

瀬戸内海と太平洋に囲まれた四国は、温暖な気候豊かな海の幸が特徴です。

産業が発達しているエリアもありますし、住みやい街としてランキングに入っている都市もあります。都市がコンパクトで住みやすい街が多いエリアです。

ダイビングや釣りなどアウトドアを楽しみたい方にもぴったりの地域が多くあります。また、子育て支援が充実しているエリアもあるので、子育て世代にぴったりの移住先も含まれています。

四国のおすすめ移住先まとめ!温暖な気候で暮らせる都市はココ!

九州・沖縄

九州や沖縄には、温暖な地域たくさんの離島が含まれています。

常夏という南の国の気候が好みなら、九州や沖縄は移住先としてよい選択肢になるでしょう。

北九州市などの都会的な暮らしとのバランスが取れた街や石垣島のように、離島での暮らしを行うことも可能です。

物価が安い街もあったり、必要なインフラはありながらもゆったりとした田舎生活など様々な形態の暮らしを実現させられるエリアとも言えるでしょう。

https://e-dge.life/post-9445/

まとめ

田舎暮らしの家族

日本全国に目を向けてみると、移住先として魅力的なエリアがたくさんあることに気づかされるでしょう。寒い季節がありますが、山の幸や海の幸が魅力的な北海道から、温暖で南の国のような暮らしができる沖縄の離島まで幅広い選択肢があります。

移住先の特徴やどのような支援制度があるのかをよく調査して移住先を決定されることをおすすめします。

-不動産投資

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.