賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

旅行 帰省 移住

不動産管理

お試し移住で生活体験ができる!体験してみるメリットやデメリットとは?

更新日:

地方に移住しようとしても、住んだ経験はもちろんのこと行ったことがない場所への引っ越しは決心が必要です。まずは移住先の雰囲気や様子を知りたいと感じている方におすすめなのがお試し移住です。実際に現地の住環境や暮らしを体験することで、本当に移住して問題ないか判断できるでしょう。

この記事では、お試し移住のメリットやデメリットをご紹介します。

お試し移住とは?

段ボール

お試し移住とは、移住先を考える前にどのような地域なのか「体験ツアー」のように地域を知ってもらい、移住を促進するための活動です。実際に住むことを検討している方が対象となっているので、移住を検討していないなら利用できません。

お試し移住は数日のものから長期間にわたるものまで、内容や期間は自治体によって異なります。また移住を促進しているすべての自治体で実施しているわけではないので、対象となっている地域も確認が必要でしょう。

ただ検討している移住先に住むだけでなく、移住相談員が地域の紹介をしてくれたり、交流会が開催されるなど、イベントが開催される自治体があります。格安の費用で体験住宅に住むことが可能な自治体もあり、移住先の暮らしを気軽に体験できるものです。

お試し移住のメリット

お試し移住のメリットを見てみましょう。体験住宅によっては家具や家電が設置されており、引っ越しほどの準備も必要なく体験生活ができます。

準備が少なく生活できる

引っ越しをする場合には、家具や家電をすべて移動させて生活の拠点を作る必要があります。しかしお試し移住の場合には家具や家電などが設置されており、身の回りの物を持参するだけで生活ができるのがメリットです。

もちろん自分の生活に必要な小物は持参するか購入する必要がありますが、いきなり引っ越しをするよりも気軽に移動できるでしょう。実際に移住する前の準備を少なくしながら、移住先の生活が体験できます。

生活をイメージできる

移住先に旅行として訪問するのと、実際に数日間ほど住んでみると見えてくる景色が異なるでしょう。短期的な滞在であれば見えてこなかった生活に必要なインフラなどが、長期間住んでみると分かることもあります。

実際に生活することで、土地の人と触れ合ったり、地域性を理解できるので、本当に移住してもよいのか判断する材料となるでしょう。転職を考えているなら、地元の仕事事情も知ることができます。

無料で滞在できる場合もある

体験住宅は基本的に格安で利用できる自治体が多いですが、中には無料で利用できる自治体もあります。生活に必要な小物を揃えるだけで生活ができるので、気軽に移住体験ができるでしょう。

有料で利用する場合も生活に必要な家電が用意されているので、個人でホテル暮らしをするよりは費用の負担を抑えて生活できます。

お試し移住のデメリット

もちろんお試し移住でも考えておくべきデメリットもあります。条件を確認したり、実際に移住すると短期間住んだイメージと異なることを覚えておきましょう。

条件がある

観光ツアーではないので条件が定められているケースもあります。実際に移住を検討していないと条件を満たしていないですし、ペットの同伴が禁止されている場合もあります。

自治体が用意している体験住宅によって、条件が異なるのでよく確認しておかなければいけません。お試し移住を考えているなら、申し込みに必要な条件を再度確認しましょう。

実際に移住したときと異なる

移住体験で住んでみて、移住先の生活を体験できます。しかし短期間住んだだけでは分からない地域性や生活の利便性の問題があるかもしれません。

体験移住のときに理解していたつもりでも、実際に生活してみるとイメージと異なる場合もあるでしょう。長期間生活した場合を想定して移住先での生活を考慮しておくことをおすすめします。

移住先のおすすめまとめ!地方別の特徴とは?

まとめ

男性 引越しイメージ

お試し移住を体験するメリットやデメリットをご紹介してきました。準備の負担を少なく、気軽に移住先の生活を体験できるのがメリットですが、一定の条件を満たしておく必要があります。また体験したときと移住生活をしたときでは感じ方が異なることを覚えておくべきでしょう。

しかし生活に最低限必要なものが準備された環境で、生活を体験できるお試し移住は将来のビジョンを考えるのにぴったりでしょう。

-不動産管理
-,

Copyright© Edge [エッジ] , 2021 AllRights Reserved.