賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

賃貸でも貼れる壁紙とは?壁紙シートの種類や方法、注意点を解説!

投稿日:

賃貸物件の場合には、現状維持が基本ですので、壁紙のDIYはできないというイメージがあります。しかし退去後に剥がすことができる壁紙も販売されているので、賃貸でも壁紙の貼り替えができないわけではありません。

もちろん、賃貸で壁紙を貼り替えするときには、どのように貼り替えするのには注意したいもの。

この記事では、賃貸で壁紙を変更して雰囲気を変えるためにできる方法や注意点などを解説します。

賃貸でも壁紙の貼り替えはできるのか?

賃貸物件の場合、基本的に退去時に原状回復する必要があります。退去したときに、入居時と同じ状態に戻す必要があるのです。多くの物件で敷金が預けられており、原状回復をするために敷金が充てられることとなります。

もし退去時に壁紙をリフォームして現在貼っている壁紙から貼り替えるつもりなら、自分の好きな壁紙を貼っても基本的に問題ありません。もちろん敷金で収まらないのであれば、追加で原状回復費の請求がある可能性も否定できません。

別の点として、原状回復ができれば問題ないので、自分で貼り替えでも退去時に既存の壁紙に戻せるような剥がせるタイプの壁紙を選択できます。現在の壁紙の上から貼っていき、退去するときに剥がすので簡単に原状回復できるのです。

原状回復できるなら、問題がない場合がほとんどですが、禁止事項に壁紙の変更が含まれているなら不可能です。

賃貸で貼れる壁紙の種類や方法

原状回復させられる壁紙やDIYの方法を見ていきましょう。どの方法を使っても、現状回復させることはできますが、壁紙の種類や糊のタイプによっては長期間放置すると剥がしにくくなることがあるのは注意します。

剥がせる糊

綺麗に施工して、剥がしやすい方法として剥がせる糊を使う方法があります。フレスコ糊は、水溶性の糊で既存の壁紙に塗ってから壁紙を貼ることができます。さらに剥がすときも非常に簡単に剥がせます。

対応していない壁紙の場合には、接着しにくいこともあるので、不織布タイプの壁紙と相性がよいです。主に輸入の壁紙になるので、一般的な壁紙よりも値段が高くなることがデメリットですが、原状回復を考えると簡単な施工方法です。

両面テープタイプの壁紙

賃貸用に特化した壁紙で、両面テープのように壁紙の裏の剥離紙を剥がして重ね張りするタイプもあります。裏面がシール状になっているので、ホームセンターや通販サイトで購入して、自分で簡単に貼ることが可能です。

木目調のものや単調のものなど、様々なデザインのものが販売されており、簡単に施工できることから試してみやすい壁紙です。剥がし液を使って簡単に剥がせるので、退去時の心配も要らないでしょう。

壁紙自体がシール状になっているものの他に、剥がせる両面テープもあります。壁紙がフレスコ糊に対応していないなら、剥がせる両面テープを使って貼り替えすることもできます。

マスキングテープ

マスキングテープを貼ってから、その上に両面テープで壁紙を貼り付けるという方法もあります。マスキングテープは仮止めとして使うことが多いので、粘着力が高くないのですが、剥がしやすくく攻撃性も低いので、後で剥がしたいところに壁紙を貼るときに利用できます。

温度が上がってしまったり、品質によっては短期間でも糊が残ってしまったりするのは注意点です。

ホッチキス

一般的な契約では、画鋲などの後は原状回復の義務に含まれていません。そこで、ホッチキスを使って壁紙を貼ることもできます。所々にホッチキスを使って壁紙を貼ると、手軽にそしてお金をかけずに壁紙を貼れます。

賃貸契約の内容によっては、画鋲の使用が禁止されていることもあるでしょう。契約内容を確認して、画鋲の使用が認められているときには、ホッチキスの利用を考慮できます。

賃貸で壁紙を貼るときの注意点

賃貸で壁紙を貼りたいときに注意したい点を見ていきましょう。原状回復について調べておき、貼る場所や内装制限について確認しておきましょう。

原状回復について調べておく

契約のときに原状回復について調べておくことは必要です。貸主によっては、退去時に壁紙も原状回復すれば貼り替えも認めてくれることもあるでしょう。

どのように考えているのか、また原状回復について貸主に確認しておくと無難でしょう。

内装制限があるか確認する

建物の内装には、火気がある場所によって内装制限がある場合もあります。不燃性のものに限られているというものです。

もし内装制限があると、壁紙は不燃、準不燃、難燃の材料を選択します。内装制限があると、施工方法も制限されることから、既存の壁紙から変更するのは難しくなります。

インスタグラマー向けの賃貸物件の特徴は?

まとめ

賃貸でも壁紙を貼り替えることは可能ですが、複数の条件をクリアし、原状回復について考えた上で施工します。

すぐに剥がせば糊が残らないタイプでも、長期間放置した後に剥がそうとすると難しいというケースも考えられますので、よく注意して壁紙の貼り替えをしてみましょう。

-不動産管理
-,

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.