賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

新築 リビングルーム

不動産管理

空室対策は管理会社選びから始まる!空室対策に強い管理会社3選

更新日:

アパートやマンションのオーナーの中には、物件の空き室に悩んでいる方もおられるでしょう。空室になる原因を突き止めて対策を実施しなければいけません。そのために空室対策に強い管理会社に依頼することは大切です。

この記事では、信頼できて空室対策にも強い管理会社選びのポイントやおすすめの管理会社3選をご紹介します。

空室対策として管理会社を変更する

不動産 賃貸 物件 アパート

空室対策として、管理会社を変更するのは効果的な方法です。空室対策として管理会社を変更することは、イメージしにくいかもしれません。しかし管理委託契約を締結していると、住宅の賃貸借代理も含んだ形で契約します。

賃貸借代理は、入居者募集のための貸主の代理人になることです。賃料の徴収などの管理だけでなく、入居者募集も行います。管理会社の役割として入居者募集業務も行うので、賃貸仲介の力が強くないなら、物件の入居者獲得力も低くなります。

管理会社を賃貸仲介に強い会社に変更するだけでも、空室対策となりえるのです。将来にわたって入居者募集を依頼することを考えると、長期的な空室対策です。

信頼できる管理会社を見つけるポイント

空室対策として管理会社を変更することを取り上げましたが、どのような会社であれば信頼できるでしょうか?

提案をしっかりとしてくれる
豊富な経験を持っている

これらのポイントは、会社選びの際に注意しておきたい点です。

空室対策の提案をしてくれる

賃貸仲介で実績がある管理会社であれば、入居者を募集して空室がなくなるために全力で対応してくれるでしょう。より多くの店舗で入居者募集が可能だったり、効果的なリフォームの提案をしてくれる管理会社はよいでしょう。

空室となる原因を追究しボトルネックとなる部分の対策を実施してくれるなら、今後の空室対策となります。

豊富な経験を持っている

経験が豊富であれば、空室対策として有効な方法やオーナーの希望に対しても柔軟に対応してくれるでしょう。経験を活かして、コストを抑えながら修繕するために、腕のよい施工会社を紹介してる可能性もあります。

コストを抑えながら質が高くなる修繕方法を提案してくれる管理会社は、空室対策に強いといっても過言ではありません。どのような空室対策を実施して、どれほど成果を上げたのか確認してみるよいでしょう。

委託方法を見直して空室対策する

委託内容を変更するのも、解決方法となります。賃貸住宅の管理方法として、一般的なのは以下の方法です。

  • 賃貸管理
  • 賃貸仲介
  • サブリース

一般的に賃貸管理は、賃貸物件の管理業務を管理会社が代行してくれます。管理会社によって委託範囲が異なることがありますが、入居者の募集から対応、賃料の収集や修繕対応など幅広い業務を行います。オーナーの手間を減らしてくれる方法です。

賃貸仲介であれば、不動産会社が幅広いネットワークを使って、入居者募集から契約締結などを代行します。管理業務は自分で行うものの、効率的に入居者を募集して空室を埋めたいときに有効な方法です。

サブリースは賃貸物件を不動産会社が借上げて、第三者に転賃します。業務を任せてしまって安定した家賃収入を得られる方法です。

これらの方法から、オーナーの希望に合わせて委託方法を変更することも、空室対策となります。

空室対策に強い管理会社3選

空室対策に強い管理会社を3社ピックアップしました。どのような特徴があるのか見ていきます。

エスタス管財

大阪のマンション管理なら弊社エスタス管財にご相談ください。エリアマーケティングを実施しており、人の流れや地域の特性を把握して、最適な価格設定を行います。エリア情報や管理状況分析から改善ポイントやあぽーるポイントをあぶりだし、依頼案件の強みを訴求します。

退去連絡があったときから空室募集がスタートさせたり、サブリース一括保証プランも用意しているので、ニーズに合ったプランを選択できます。

株式会社ツインライフ

大阪の賃貸管理会社のツインライフは、経営代行型の管理を行っています。賃貸経営を代行して、利益を最大化するシステムです。満室時から費用と手間をかけることから退去する人が少なく、入居率は95%を超える数字を誇っています。

新規入居者募集の際には、間口を広げて他の会社の営業マンとの関係強化に取り組んでおり、優先的に紹介してもらえます。

株式会社エイブル

国内最大級の店舗ネットワークとブランド力を活かして仲介してもらえるのが株式会社エイブルです。全国800店舗以上の最大級のネットワークだけでなく、エリア内の複数店舗で情報発信を行い、入居者募集を行います。

クレジットカード払いや学割などを設けており、入居者のニーズを考えているのも特徴です。また法人向けには、家賃滞納リスクが低い優良な入居者の獲得をサポートしています。

アパートの空室対策は、管理会社選定が重要

まとめ

美しい福岡の街並み

空室はオーナーにとって大きなリスクとなります。空室対策に強い管理会社であれば、利益を最大限にするために、様々な施策を提案してくれるでしょう。空室が出てから施策を実施するのではなく、空室が出ない対策をしてくれる管理会社もよいでしょう。

長期的に見て最善の方法を提案してくれる管理会社を選択することをおすすめします。

-不動産管理
-, ,

Copyright© Edge [エッジ] , 2021 AllRights Reserved.