賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

イメージ 新築 中古

不動産投資

新築と中古物件はどちらがよい?特徴や費用、メリット・デメリットを比較

更新日:

持ち家を購入するときに、新築物件の他に中古物件を購入するという方法があります。それぞれの違いを理解しておき、費用や立地条件の違いを含めて、どのような物件を選ぶのか慎重に判断するとよいでしょう。

この記事では、新築と中古の特徴を詳しくご紹介します。

新築物件と中古物件の特徴は?

新築 中古 女性

新築物件と中古物件の特徴の違いを見ていきましょう。

やはり新築物件の大きな特徴は、誰も住んだことがない住宅ということです。日本では住宅をメンテナンスしながら使い続けるというよりも、新しい住宅を建設する方が一般的です。

間取りなどの違いも考えられます。間取りのバリエーションの多さは、新築物件の特徴でしょう。中古物件はリフォームやリノベーションをしているとこだわりの空間になっていることもあります。しかし一般的には、平均的な間取りとなります。

物件購入にかかる費用の違い

物件購入にかかる費用の違いがあります。物件の価格は中古物件の方が安いです。しかしマンションの場合には、築年数が経過している物件は、修繕積立金が必要になることがあります。十分に資金計画がなされているなら問題ありませんが、高い修繕費が請求される場合もあり、注意が必要です。

固定資産税の軽減は新築の場合にはありますが、中古にはありません。不動産取得税や登録免許税の軽減も新築と中古の場合で異なります。

リフォームやリノベーションの費用

中古物件は新築物件よりも安く購入できる代わりに、傷み具合によってはリフォームやリノベーションが必要となります。物件購入前に設備の傷み具合を確認しておき、どの程度工事が必要なのかあらかじめ計画しておくことが必要です。

特に水回りは老朽化していることが多いので、リフォームの計画が求められるでしょう。間取りの変更をするなら、リノベーションになるので費用も高額になります。

新築のメリット・デメリット

新築 中古 女性

新築物件を購入して維持する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

新築のメリット

新築のメリットは、新しい物件ということです。家の中のすべてのものが新しいので、誰も住んだことがない気持ちよさを味わえます。

設備が新しいということは、最新の機能がある設備ということです。LED照明や床暖房など快適に過ごせる設備が多くなります。

新築のデメリット

新築のデメリットは、物件価格が高くなることです。建物や設備が新しいので当たり前ですが、コストがかかります。また販売しているのが不動産会社なので、販売手数料などが上乗せされているのも費用が高い理由です。

新築の場合には、完成する前の段階で販売されているので、確認できるのはマンションのモデルルームや図面だけということもあります。実物を見る前に契約が必要なこともデメリットです。

中古のメリット・デメリット

中古物件のメリットやデメリットを見ていきましょう。

中古のメリット

中古物件は割安で購入できるのはメリットです。しかし中古物件でも不動産会社が買い取った後に販売する物件は、コストが上乗せされているので価格面でのメリットが薄くなります。

しかし実物を自分の目で確認してから購入できるのは、メリットなるでしょう。管理状況や設備の老朽具合も確認してから購入できます。

中古のデメリット

中古のデメリットは建物や設備が古いことです。リフォームされているのであれば、新しいことがあります。しかし設備によっては制限があり、設置できなかったり取り換えることができない場合もあります。

修繕費用も築年数が経過している物件ほど高額になることが多いです。また選択肢が限られることや住宅ローン控除で戻る金額が少ないのもデメリットです。さらに耐震対策がされているかをよく確認しなければいけないでしょう。

賃貸と中古住宅ならどちらがお得?それぞれのポイントを比較!

まとめ

新築物件と中古物件を比較してきました。それぞれの特徴を理解して、どのようなライフプランを計画しているかによって自分に合った物件を選択するとよいでしょう。事前によく確認して、これからの計画を考慮することをおすすめします。

-不動産投資
-,

Copyright© Edge [エッジ] , 2021 AllRights Reserved.