賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

住宅図面

不動産投資

リフォームって何?リノベーションとの違いや費用の目安

更新日:

家の老朽化や設備が古くなってくると、リフォームやリノベーションなどを検討するかもしれません。どれを選ぶかによって快適な住環境を作りだせるかに大きな影響を与えます。

この記事では、特に経年劣化した建物のクロスの張替えや設備の取り換えをするリフォームについて詳しくご紹介します。

リフォームとは?

住宅リフォーム

リフォームは経年劣化した家を快適に住める状態に復元する工事のことを意味します。リフォームの範囲は大小さまざまで、壁紙の張替えや外壁塗装などの小規模の工事から、屋根の交換や設備の取り換えまでを含んだ大規模なリフォームもあります。

さらにリフォームされる範囲としては、キッチンやユニットバスの交換、フローリングの張替えなどです。自宅だけでなく、賃貸物件もリフォームされ、入居者が退去した後に原状回復させる工事もリフォームとされることがあります。

リノベーションとの違い

リフォームと似ている言葉として、リノベーションがあります。リノベーションはリフォームよりも空間をカスタマイズする要素が含まれます。暮らしに合わせて間取りやデザインまで変更するので、建物に新たな価値を生み出すものです。

室内全体をカスタマイズするので、設計担当者とすり合わせを行い、居住性や機能性を高める方法を相談して改修します。

リフォームのメリット

リフォームのメリットは、住み慣れた家をそのままに新しい状態に回復させることです。長い期間住み慣れた家を建て替えやリノベーションしてしまうと、愛着がある間取りが無くなってしまいます。

家の雰囲気を気に入っている場合や思い出を残しておきたい場合には、リフォームをすれば利便性が改善されながらも住み心地や雰囲気はそのままにできます。

たとえば、外壁塗装が痛んできたのであれば、再塗装が必要となりますし、給湯器が古くなったのであれば取り換えをするでしょう。早急に対処しておくとよい場合には、すぐにリフォームを行うなら家を傷めることがありません。

工事期間や費用を抑えることもでき、予算を抑えながら生活環境の改善が可能です。またリフォームなら家の一部分のみの工事となるので、仮住まいを用意する必要がないこともメリットです。

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットとなるのは、家の一部分のみを改修することです。間取りなどを変更できないので、ライフスタイルの変化に対応することはできません。

あくまでも設備などを新築状態に近づけることが目的となるからです。部屋を増やしたりしたい場合には、工期や費用もさらに必要となるリノベーションが必要となるでしょう。

リフォーム後のライフスタイルを考えて、リフォームだけでよいのか、それとも費用がかかってもリノベーションが必要なのか判断するとよいでしょう。

リフォームの流れ

リフォームの流れは以下の通りとなります。

リフォームの規模によっても必要な期間が異なりますので、ゆとりのあるスケジュールで調整しておきましょう。

  1. リフォームの内容を決定
  2. リフォーム会社を選択
  3. 打合せ
  4. 見積もりの比較・契約
  5. 工事

リフォームの内容が決まっても、複数の会社で比較しておくなら費用が安い会社を見つけることができます。また工事の内容や追加費用の有無など、見積書の書き方で気になる点があれば、契約前に確認するようにします。

リフォームの費用相場

住宅図面

リフォームの費用相場を見てみましょう。

  • 水回り:50万円~100万円
  • 内装:~60万円
  • 介護向け:~30万円
  • 外壁塗装:80万円~140万円

どのような工事をするかによって異なります。また工事の範囲や選択する建材によっても費用が異なることを念頭に置いておきましょう。

賃貸物件のリフォームは高い?【リフォームに必要な工事と費用】

まとめ

リフォームは新築の状態に復元するための工事です。建て替えやリノベーションと比較して費用負担を抑えたり、工期を短くできますが、ライフスタイルの変化に合わせることは難しいでしょう。しかし家の雰囲気や間取りを残したい方にぴったりの改修方法です。希望する仕上がりや予算に合わせてどの程度リフォームするのか検討するとよいでしょう。

-不動産投資
-,

Copyright© Edge [エッジ] , 2021 AllRights Reserved.