賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

【転職希望者必見】不動産管理会社事務の仕事内容、給与、待遇を解説

投稿日:

1.不動産管理会社事務の仕事内容

【転職希望者必見】不動産管理会社事務の仕事内容、給与、待遇を解説
同じ「不動産管理会社の事務職」であっても、その内容は会社の規模で大きく変わります。大企業であれば人員も豊富で、分業化されていますが、地域密着の不動産会社であれば営業サポートも含めて幅広い業務を担当します。

簡単に挙げてみると

・入居者からの家賃の入金確認
・オーナーへの家賃の送金
・業者への支払い処理
・電話、窓口対応
・来客へのお茶出し
・契約書の作成、作成補助
・お客様に記入していただいた書類のチェック
・新規入居者の登録

です。

これらの業務は会社の規模の大小に関わらず、不動産管理会社の事務職の方が担当する業務です。

特に事務の仕事で責任が大きいものがお金に関する業務があげられます。入金・出金処理は正確なことはもちろん、定められた期限内に終わらせるスピードも求められます。
また不動産管理会社への印象は電話や窓口での対応の雰囲気が与える影響が大きいです。

さらに社員数数名の、比較的規模が小さい会社の場合は、上記の仕事の他にも下記のような仕事を担当することもあります。

・店頭広告の作成
・チラシの整理
・物件情報の更新作業
・空き物件の撮影などの営業補助

不動産管理会社が求人している職種が同じ「事務職」であったとしても、その業務範囲がどこまでなのか、事前に確認することが大切です。

2.不動産管理会社の事務職の平均年収

【転職希望者必見】不動産管理会社事務の仕事内容、給与、待遇を解説
2014年~2015年と少し古いデータになりますが、一般事務の平均年収は252万円です。

月収は約18万円と決して高くはありません。

それに対して、不動産事務の平均年収は330万円と言われています。これは派遣社員の方の年収を合わせたもので、正社員になると年収で500万円を超す人も出てきます。

事務職と聞くと給与は安いようなイメージを持たれますが、不動産事務の給与は他の業界と比較しても高いと言えるでしょう。

また会社によっては資格手当を出しているところもあります。スキルアップも兼ねて、宅地建物取引主任者や管理業務主任者、マンション管理士の資格取得を目指すのもおすすめです。

3.不動産管理会社での休日・残業時間について

【転職希望者必見】不動産管理会社事務の仕事内容、給与、待遇を解説
不動産管理会社は、不動産業界の珍しく会社として土日休みにしているところも多いです。そのため事務職の方も土日休みになります。ただ、土曜日は出社、平日1日と日曜日が休み、のような休日制度になっているところも多いので、必ず確認しましょう。

また土日休みでも、お客様の予定によっては出社しなければならないこともあります。

しかしその分は振替休日を取れるところがほとんどです。土日は必ず休みたいという方には、予定調整の難しさがストレスになるかもしれません。

続いて残業時間についてです。事務職で働いていて残業はほとんど発生しませんが、9月~11月頃、2月~3月頃の繁忙期は業務量が多くなるのに合わせて少し残業が増える程度です。

それ以外は、残業も少なく、働く時間も調整しやすいので子どものいる家庭や、共働きの家庭でも働きやすい環境が整っています。

残業代は100%支給もしくは、見込残業時間が給与に上乗せされていて、超過分は別途残業代を支払うという仕組みになっているところが多いです。

今は労務管理も厳しくなっているので、サービス残業や残業代未払いなどの不安は小さくなっています。

ただし休日や残業時間は会社によってばらばらです。応募する前に、絶対に譲れない条件を明確にして、その条件に合うところを探すようにしましょう。

また求人票に書いている内容と、実際に面接に行ったときに聞いた待遇が異なっていたりする場合は、遠慮せずに確認するようにします。

特に事務の場合は外回りに行くこともなく、会社の中で毎日過ごすことになります。給与や休日、残業時間などの待遇だけでなく、会社の雰囲気もあなたに合うかしっかりと見定めることが大切です。

4.不動産管理会社の事務職に求められる能力

【転職希望者必見】不動産管理会社事務の仕事内容、給与、待遇を解説
お金や契約を扱うことが多いので責任感があることは必須です。入出金の管理や日々の経費管理では細かいお金をチェックすることになり、ミスできないものです。そのため集中力が長く続くことも大切です。

また登録作業などはパソコンを使うことがほとんどなので、インターネットを使えるくらいのパソコン操作スキルはあった方がいいです。そのほか、契約書類の作成や営業資料の作成補助も頼まれることが多いので、マイクロソフトのWordやExcel、PowerPointは基礎レベルでいいので使えるようにしておきましょう。

Excelマクロをも使うことができれば仕事の幅も広がり、社内で重宝されるはずです。

そして事務職はお客様のサポートや、他の社員のサポートをする仕事が多いので、相手の立場に立って動く能力があれば、評価も高まります。

不動産管理会社の事務職は、最初は専門的な内容も多く大変に感じるかもしれません。ですが、仕事そのものは続けることで慣れてきます。未経験者でも積極的に採用している会社が多いので、「ビジネススキル」はあるに越したことはないですが、ないと絶対に働けないというものでもありません。

むしろ明るさや元気の良さ、周りのことを考えて動けるなどのヒューマンスキルが大切です。

5.不動産管理会社の事務は案外働きやすい

【転職希望者必見】不動産管理会社事務の仕事内容、給与、待遇を解説
不動産管理会社の事務職についてお伝えしました。不動産事務は他の事務職に比べても比較的給与が高いです。また営業と比べても残業時間は少なく、不動産管理会社の休日は土日に設定されているところもあるので、子どもがいる家庭でも無理せず働きやすいでしょう。

そうは言っても、休日や残業時間は会社によるところが大きいです。これから不動産管理会社で事務職として働くことを考えていれば、条件面はもちろん会社の雰囲気があなたに合うかをしっかりと考えながら選ぶことをおすすめします。

Edge事務局

賃貸”住まい”の新しいカタチを提供するEdge編集部が記事を書きました。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2018 AllRights Reserved.