賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

エアコン

不動産管理

賃貸物件でエアコンを増設したい!費用の負担や許可について

更新日:

賃貸物件に入居していたり、今後入居予定だったりするとエアコンの増設を考えるかもしれません。 魅力的な物件でもエアコンが設置されていなかったり、エアコンが欲しい部屋にない場合もあるからです。

この記事ではエアコンを増設したいときに、費用の負担や許可をどうするか詳しく解説します。

賃貸でエアコンの増設は許可が必要

エアコンを増設したいなら、大家さんや管理会社への確認が必要です。すでにエアコンが設置されている部屋もありますが、エアコンの取り付けには室内機を固定するために穴を開けたり、コンセントの増設をしたりと物件を傷つける工事が必要だからです。

例えば、壁に穴を開ける場合に、どの位置に開けるのか確認しておきます。自分で業者を手配する場合は、穴の位置が指定されているなら工事業者に伝えましょう。

エアコンを取り付けること自体が問題でなくても、工事の仕方がトラブルの原因になる可能性もあります。設置してからトラブルにならないためにも、工事をする前に大家さんや管理会社にエアコンの増設工事をしてよいか確認しておきましょう。

大家さんが負担してくれる可能性も

大家さん

エアコンの増設で必要となる費用は大家さんが出してくれる可能性もあります。

もちろん契約内容によって変わりますが、まずは大家さんや管理会社に相談してみることがおすすめです。

契約条件によっては大家さんも負担

賃貸借契約書に冷暖房設備が「設備」の項目に記載されていると大家さんは設備の修繕義務があります。そのためエアコンの増設を考える理由がエアコンが古くなったり故障したといったことなら、大家さんが負担してくれる可能性が高くなるでしょう。

もちろん住んでいる人の都合でエアコンを増設する場合には、費用を自分で負担する必要があるでしょう。しかし、エアコンが故障した場合なら大家さんが負担してくれることがあります。

条件交渉をしてみる価値がある

別の方法として入居前にエアコンの増設を考えるなら、契約書の修繕費用負担の部分を適用してエアコンの取り付け費用を負担してもらえないか交渉できます。新しいエアコンに取り替えるなど、入居者の都合でエアコンを設置したい場合でも、一部の費用を負担することを提案してみるなら承諾してくれるかもしれません。

いずれの場合でも、エアコンの増設を考えるときに、大家さんや管理会社への相談は不可欠です。

借主負担でも相談は必須

借主負担でエアコンの増設をする場合でも、大家さんや管理会社への相談は必要です。工事の内容を伝え、設置して良い場所の確認や退去時の原状回復について聞いておくことが求められるでしょう。

工事の内容を確認する

まず、エアコンの設置には工事が必要となります。新しい物件であれば、エアコンの設置も問題ありませんが、古い物件では構造上エアコンの設置が難しいこともあります。室外機を置くスペースがない部屋もあるでしょう。

エアコン設置の工事について伝えて、設置可能なエリアかを確認しておきます。

退去時に原状回復を確認する

エアコンの設置を考えるときに、退去時のことも確認しなければいけません。自分でエアコンの増設をする際に、壁に穴を開けて設置します。壁にできた穴は、原状回復の際に修繕が求められないか確認するのです。

日常使用で生じた消耗は原状回復義務に含まれません。しかし他人の財産であることを踏まえて、原状回復で請求されない範囲なのかどうかという点は、前もってチェックしておきたいポイントです。

エアコン以外の対策を試す

暑い夏

エアコンの増設を既に考えているかもしれませんが、他の方法としてエアコン以外の対策を試すこともできます。

窓用のエアコンや冷風扇を試す

夏にはエアコンしか使えないと思うかもしれませんが、冷風扇窓用のエアコンなどを試してみることができます。構造上の問題で通常のエアコンが設置できなくても、窓用のエアコンなら設置できる可能性もあるでしょう。

一般的な扇風機や冷風扇などを組み合わせて部屋を涼しくすることができます。条件上エアコンの設置が難しいと判断するなら、これらの方法を試してみることができるでしょう。

冬はこたつやストーブを利用する

冬はエアコンで温度を上げるだけでなく、こたつファンヒーターなどを活用して快適に過ごすこともできます。石油ファンストーブなどはアパートなどによっては禁止されている場合もあります。

灯油が禁止されている場合には、電気ファンヒーターも選択できるでしょう。物件の詳細な条件を確認しておき、こたつやファンヒーターなどで暖を取るように工夫できます。

アパートとマンションの違いって?内見のときにチェックしたいポイントは?

まとめ

エアコンと女性

住みたいと思っている物件があっても、ネックになる場合もあるでしょう。エアコンの代わりとなるものを試してみたり、大家さんに交渉してみたりすることで、快適に過ごせるようになります。

自分の負担で増設するときでも大家さんや管理会社に確認しておきましょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.