賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

テレワーク風景

不動産管理

テレワーク賃貸とは?今後の働き方の変化に合わせた物件

更新日:

コロナウィルス対策によってテレワークの導入が一気に進みました。この新しい働き方が一般的になり、通勤時間の短縮や在宅で働きたい人も働けるというメリットがあります。テレワークがさらに浸透することが考えられる昨今で、テレワーク賃貸というものが登場しています。

今回は、このテレワーク賃貸とはどのようなものか、快適に仕事できる間取りのポイントなどをご紹介します。

テレワーク賃貸とは?

仕事中の男性

テレマークはインターネットの環境が整えられてから少しずつ取り入れられた方法ですが、新型コロナウィルスの影響で知名度を大きくしました。パソコンなどを利用し、会社や事務所から離れて自宅で勤務する形態のことです。

テレワークが導入されることによって通勤時間が短縮したり、家族の時間が増えたりなどとメリットを感じる方も多いでしょう。その一方で、自宅で仕事をするので、仕事の環境を整えることに戸惑いを感じる方もおられます。

そこで賃貸物件で在宅勤務しやすいテレワーク賃貸が登場し注目を集めています。

ワークスペースがある間取り

テレワーク賃貸の場合には、ワークスペースがある間取りになっていることがポイントです。例えば、リビングの一角がワークスペースとして活用できる間取りになっていたり、書斎やデスクを置きやすいサービスルームがあったりする物件です。

こうしたワークスペースにできるスペースにテーブルを供え付けたり、また本棚を置きやすいように設置されたりしています。在宅勤務中に1番の障害となる「集中しにくい環境」を改善するためにワークスペースがある間取りが注目されているのです。

共用のワークスペースがある物件も

テレワークをしていると、1つの悩みとして仕事とプライベートの切り分けが難しいことがあります。家のことが気になったり、また手を止めて作業しなければいけない環境になったりするからです。そうしたデメリットを改善するために、共用のワークスペースがある物件も注目されています。

マンションの一角にコワーキングスペースが用意されており、wifiが備えられているのはもちろんですが、事務機器や半個室のスペース、さらにはカフェが用意されている物件もあります。ワークスペースにデスクがあるだけでなく、プロジェクトルームが用意されているものも注目されています。

自宅からコワーキングスペースまでの移動時間が短いというメリットがあり さらに自宅よりも集中しやすいことから、テレワークが進むにつれてこうしたスペースがある物件が注目されています。自宅から引っ越しをしないとしても、自宅を仕事に適した環境に整えている人も多いです。

テレワークに最適な個室の作業スペースやまた事務機器が設置されているなどはニーズが高まっていくことでしょう。

テレワークに適した社宅

テレワーク中の女性

テレワークに適した社宅を提供するサービスもあります。例えば、マイナビBizではテレワークに適した住宅を提供するサービスが始まっています。

インターネットや作業デスク、複合機など複数のオプションがあるのでテレワークができる社宅が必要だというニーズに応えています。

希望エリアに社員がテレワークできる物件を見つけることができなかったり、必要な機材を手配するのが手間になったりします。しかし、こういった物件ではテレワークに必要な仕事道具が揃っているので、ワンストップでテレワークの悩みを解決できるとして注目されています。

それだけでなく、日常生活に必要な家具や家電も標準装備されています。

テレワークに適した間取りの賃貸

今後はテレワークに適した間取りの賃貸が増えていくことでしょう。例えばリビングの一角にワークスペースを施工できるようにパーティションで区切ったり、ガラス貼りで小部屋を作ったりできます。

他にも来客対応できるスペースを作れる間取りにできるなら、クライアント対応にも困ることがありません。書斎や納戸を改造したり、団地のリノベーションでワークスペースを確保したり 様々なリノベーションプランが提案されていたりします。

テレワークの必要性が増すにつれて作業スペースを確保したり、ワークスペース付きの賃貸の人気が高まったりするでしょう。賃貸の物件選びの際に、作業スペースがあるかどうかが選択の基準になることでしょう。

賃貸のインターネット事情!押さえておきたい3つのポイント

テレワーク賃貸で今後の賃貸物件選びが変わる

テレワークする女性

これまではテレワークしやすいかという点が賃貸物件選びの基準になることは少なかったでしょう。しかしテレワークが主流になるにつれて、今後はテレワーク賃貸のニーズや物件数が増えていくことが予想されています。

テレワークしやすい物件の人気はますます高まり、リノベーションや新築の際の間取りにも大きな影響を与えることとなるでしょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.