賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

耳を塞ぐ女性

不動産管理

賃貸の騒音が問題になった場合の解決法

更新日:

賃貸に住み始めたりマイホームを購入して生活をスタートさせると、周りの騒音が気になることもあるでしょう。一時的なものであれば問題なかったとしても、長期的に騒音が続いたときにトラブルに発展する可能性もあります。

今回は、騒音問題をどのように解決できるのか、解決方法をご紹介します。

騒音を解決するには

考える女性

その問題を解決するためには、いくつかの方法があります。相手と話し合いを行い解決する方法や防音工事などで対処することができます。

さらに詳しくご紹介しましょう。

相手方と相談して解決する

一番平和的で問題を根本から解消できるのは相手と相談して解決することです。

ベストな方法であるとはいえますが、相手と顔を合わせるので一定のリスクはあります。

もしマンションなどの集合住宅に住んでいるなら、相手と直接相談する前に管理会社や管理人を通すことができます。知らず知らずに騒音を出している場合もありますので、相手と相談をするだけで問題を解決できるのがベストな方法です。

簡単な騒音対策として、スリッパで足音対策家具に消音ゴムなどを設置することなどを提案できます。

防音工事をして解決する

話し合いでも解決できないなら、防音工事をすることも対策方法です。大掛かりな工事になりますが、壁に吸音材料を埋め込むと外部からの音を吸収してくれます。しかし高い効果がある一方で、費用も高額になります。

家庭で一般的な騒音対策として考えられるのは、防音窓の設置です。広い面積があるガラスを防音窓に変えることで、屋外からの騒音対策ができます。防音窓の場合には数十万円で工事できます

第三者を交えて交渉する

耐えがたい騒音が続いており、話し合いでも解決しない場合には、第三者への相談も必要です。常識を逸脱した騒音の場合には、警察に連絡すると注意しにきてくれることがあります。

ただし警察を呼ぶ場合には、誰が警察を呼んだのかはっきりしますので逆恨みに注意する必要はあります。しかし警察からの注意をした後に騒音が再開されたときには、自治体の迷惑防止条例違反が適用されることもあるでしょう。強い対策を講じるのに有効な方法です。

法廷で争う

弁護士に相談し、訴訟を起こして法廷で争うことも騒音を解決する方法です。民事事件として訴えられることが多いようですが、差し止め請求損害賠償請求が認められる可能性があります

法的な手段を取るためには、被害の実証という証拠が必要となるので、他の対策方法と比較して手間が求められます。法的な手段になると費用も求められるので、本当に法的手段が必要なのか考慮してみる必要があるでしょう。

引っ越しをして騒音問題から逃げる

確実に騒音から逃れる方法として、引っ越しをすることがあります。すでに戸建てやマンションを購入している場合には困難になりますが、賃貸の場合には考えられる方法です。もちろん賃貸であっても、敷金や礼金、また引っ越し費用で出費は多くなるでしょう。

子どもがいるなら学区が変わってしまう可能性があったり、通勤手段が変わってしまったりする可能性はあります。新しい物件を見つけるのも苦労しますし、誰でもすぐに行動できる方法ではありませんが、問題から遠ざけられる方法です。

騒音が問題にならない場所を選ぶ

確実に騒音問題を解決するには、騒音が問題にならない場所を選ぶことが必要です。引っ越しをしたいと思うときに、騒音の可能性を考えて物件や立地を選ぶのです。

引っ越しが終わってからできる対策ではありませんが、慎重に選択することはよい騒音対策となります。

例えば鉄筋コンクリートであれば機密性が高いので、他の部屋の音が気になることも少ないです。 他にも学校などから離れた立地なら、子どもの声で悩まされることもないでしょう。管理会社に近隣住人について直接聞いてみるのも1つの方法です。

賃貸の一戸建てって住みやすい?考えるべきメリットとデメリットは?

まとめ

内見する夫婦

騒音問題は、住んでみないと分からないこともある問題です。出来る限り良い物件を選んだ場合でも、何らかの理由で騒音問題に面することもあるでしょう。

平和裏に解決できるようにしながらも、快適に生活できる環境を手にするために解決方法を試してみましょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.