賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

天橋立

不動産投資

近畿のおすすめ移住先まとめ!移住を考えるなら自然が豊かなココがいい!

更新日:

近畿は関西地方に近いこともあり、大阪や神戸など大都市にもアクセスがしやすいエリアです。それでいて郊外に走ると自然が豊富なエリアが広がっているので、移住先としてもおすすめの都市があります。

今回は、近畿で移住先としておすすめできるエリアを5つピックアップし、特徴や支援制度をご紹介します。

近畿のおすすめ移住先5選

近畿で田舎に移り住みたいと思ったときに、おすすめできる移住先をご紹介します。

5つの地域の特徴となる点やどのような支援制度があるのか見ていきましょう。程よい田舎と自然に囲まれた生活ができるエリアが多くあります。

琵琶湖と程よい田舎が魅力の「滋賀県 彦根市」

彦根城

彦根城

滋賀県の北東部に位置しており、琵琶湖に面しているのですが、伊吹山地があるので内陸性気候です。彦根城があり歴史ある街並み観光地として知られている街です。

城下町である彦根市では、江戸時代からの町屋が広がっています。町屋の持ち主と空き家を活用したい方をマッチングする町屋バンクを利用すると古民家の物件を探すことが可能です。

また、彦根駅周辺にはショッピングモールもあるので買い物で不便になることが少ないです。

移住支援として、住宅取得費補助金や移住者向けの住宅ローンなどが用意されています。また、東京圏から東京23区に通勤している人が彦根市内に移住し、都道府県のマッチングサイトに掲載された求人で就職すると移住支援金が支給されます。

暮らしやすく豊かな自然に囲まれた「京都府 福知山市」

福知山城天守閣から見た街並

福知山城天守閣から見た街並

京都の北西部にあり、福知山盆地にある福知山市は都市基盤が整備されていながらも郊外に自然が広がっており田舎生活を堪能できます。

市の中心部には総合病院などの医療機関や美術館も展開されているだけでなく、大型の商業施設も多数展開されているの一定の都市機能が確保されています。

市の中心部から郊外に車を走らせると豊かな自然の中で生活でき、農業や古民家カフェ、農業民宿などを営んでいる移住者も多数おられるエリアです。多くの方が移住して農業を楽しまれており、市としても農業に挑戦したい方をサポートしています。

移住者向けにはお試し住宅補助金事業空き家バンクの活用など、福知山への移住機能者へのサポートを行っています。

FUKUFUKU LIFE」という移住ポータルサイトで気軽に相談したり、移住の先輩たちの生の声を見ることができるサイトが用意されているのが特徴です。

住みたい田舎ランキング1位の「兵庫県 養父市」

紅葉の養父神社

紅葉の養父神社

「住みたい田舎」ベストランキングで近畿エリアの1位を獲得した養父市。

養父市は元々4つの町に分かれていたものが合併してでした市です。市の東部には1級河川の円山川が流れ、支流の八木川や大屋川などがあります。高原に囲まれているので、四季折々の自然を堪能できます。

子育て世帯に対する支援が充実しており、子供の医療費や保育料が無料だったり、給食費半額補助などが用意されているのが特徴。中学生まで医療費がサポートされること、高校生の市内下宿のサポートなどがあります。

養父市で起業される方に最大200万円の補助があったり、就農を応援する給付金制度もあります。市のサイトでは、空き家バンクの情報や住宅情報が紹介されているので、移住に必要な情報をリサーチすることができるのも強みです。

のんびり暮らせる「京都府 綾部市」

綾部市のシャガの花群生地

綾部市のシャガの花群生地

京都府綾部市は、北部にある市で絹織物が有名です。舞鶴にある若狭湾と福知山や京都を結ぶ街として栄えました。

福知山とは非常に近い位置にあり、由良川が市の中央を流れているのも同じです。

市内には大きな病院もあり、いろいろな病気になったときでも専門医がいあるので安心です。また山陰線と舞鶴線があるので京都方面にも、大阪にもアクセスしやすいのも魅力。市も移住者向けに情報を発信しています。

あやべ定住サポート」というポータルサイトでは、サポートを受けながらの定住の流れを分かりやすく解説。住まいを探したい方に空き家情報や市の分譲地の情報を得ることができます。

コウノトリの生息地がある「兵庫県 豊岡市」

《兵庫県》新緑の城崎温泉・温泉街

《兵庫県》新緑の城崎温泉・温泉街

兵庫県北部に位置している市で、日本で最後の野生のコウノトリの生息地として知られています。コウノトリの保護や繁殖などの事業も行われています。

海水浴場や高原のキャンプ場、城崎温泉など自然やアウトドアを楽しめるスポットもたくさんあるエリアです。

定住支援として、「飛んでローカル豊岡」に掲載されている物件を購入したり、賃借する場合には改修にかかる費用が補助されます。ほかには、移住を目的とした訪問に際しては、1泊3,000円、子どもは1,500円までの補助があります。

またお試し居住として、最長で2年間豊岡での暮らしを体験できる住宅が用意されているので初めて移住を考えている方にもぴったりのエリアです。

東北のおすすめの移住先まとめ!移住するならココが良い!

まとめ

大阪や京都といった大都市にもアクセスできる近畿のエリアは、程よい田舎と大自然のバランスがあるところが多いです。

滋賀には琵琶湖、京都には京野菜など土地の良さが活かされたものが楽しめるエリアでもあります。

-不動産投資

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.