賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産管理会社に支払う手数料っていくらなの?実際に行う業務内容は?

更新日:

大家さんにとって、賃貸管理会社は安定して経営するのに重要な存在です。しかし、どの程度の手数料がかかるのか気になる方も多いでしょう。

そこで本記事では、賃貸管理会社の手数料はどのくらいか、またどのようなサービスを提供しているのかご説明いたします。

不動産管理における管理会社の業務とは?

不動産管理において、管理業者が行う業務は多岐に渡ります。その中で、すべての業務を管理してもらうのか、もしくは一部の業務のみを依頼するのかで業務内容は異なります。

すべてを管理してもらう場合

管理に関わるすべての業務を管理してもらう場合には、

  • 家賃集金
  • 更新契約
  • 退出立会点検

という基本的な業務の他に、

  • 共用部分の清掃
  • 建物の点検
  • クレーム対応
  • 家賃滞納保証

といった業務にも対応します。

すべての管理業務を依頼する場合には細かな事務作業も対応してもらえるので、工数を抑えることができます。経営側としては、作業に手を取られないことが大きなメリットです。

共用部分の点検や清掃もしっかりと管理してもえるなら、入居者が不満を抱くこともないでしょう。1人で複数の不動産投資をするならば、自主管理をするのは難しくなるので、すべてを管理してもらう方法を考慮するかもしれません。

一部を管理してもらう場合

一部を管理してもらう場合には、

  • 家賃集金
  • 更新契約
  • 退出立会点検

などの業務を担当してもらいます。

経営側としては、経済的な負担は少なくなります。上手に割り振りすると自分の手で管理できるので、自由度の高い運営ができるでしょう。

目的別に一部委託するのか、もしくはすべて委託するのか決定することが求められます。

管理会社の手数料の相場とは?

管理手数料の相場ですが、一般的には賃料の5%となっています。

もちろん、どの程度委託するかによっても、3%の場合も7%の場合もあります。またその他のケースとして、入居時期によっても、賃料ではなく管理費を上下させて入居者を募集するということもあります。

管理会社の手数料については、下記の記事もご覧ください。

【オーナー向け】不動産管理会社に支払う手数料相場は5%、価値あり

手数料に見合ったサービスの管理会社を選ぶポイント

手数料に見合ったサービスを提供してくれる管理会社を選ぶためのポイントはどのようなものでしょうか?

サービス内容や知識を比較していく

管理費は、マンションやアパートを維持管理していくために用いられます。例えば、共用部の電気代や電球交換、定期清掃などです。もっと絞り込んでいくと細かな内容があるので、どこまで管理会社が対応してくれるのかは確認しておく必要があるでしょう。

建物が古くなっていくと必要なメンテナンスも多くなりますし、入居者への対応も労力が必要です。将来的にどこまで委託したいのかを吟味して、サービス内容を選びます。

また、入居者の入居付けも依頼するならば、どこまでのエリアの知識を持っているのかも大切なポイントです。所有する不動産のあるエリアで、入居付けの実績やエリアの知識を持っているのかも管理会社を選ぶポイントです。

手数料を比較する

基本的なこととして、手数料を比較することも必要でしょう。

まずはサービスに見合った手数料なのかを考えます。同じサービスでより安い管理会社もあるかもしれませんし、同じサービスに見えても対応している業務が異なっていることもあります。

手数料以外の項目で費用請求されないためにも、手数料の比較を徹底的に行うと良いでしょう。

管理会社をよく選んで不動産管理を任せる

管理会社は、不動産の管理や日常の点検・清掃などを依頼できます。

会社によって手数料や業務内容は異なるので、自分の運営計画にあった業者を選んでいきましょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.