賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

管理会社の入居者審査とは?落ちない為に気をつけることもご紹介

投稿日:

新生活を始めることを考えて、自分の好みの物件探しを行う方も多いでしょう。

「この物件に決めた!」
と思っても、引っ越し前に入居審査が必要になります。

この記事では、管理会社が行う入居審査と入居審査に落ちないための注意点をご紹介します。

入居審査とは?

『入居審査』は、物件を安心して貸せる方なのかを判断するために行うものです。物件のオーナーは、家賃滞納や近隣トラブルのリスクが少ない方に入居してもらいたいので、総合的に判断してリスクが低い方を見極めます。

滞納リスクや申し込み内容の確認

まずは、審査を行う前に必要な書類を集めます。

それには、以下のものがあります。

  • 入居申込書
  • 身分証明書
  • 収入証明書

これらの他にも、入居申込書の内容を確認するための書類の提出が必要になることもあるでしょう。

また別の点として、入居申込書を提出すると、保証会社や管理会社から連絡が入ることもあります。入居申込書の内容や転居理由、収入の確認を実際に口頭で確認することもあるのです。

確認する内容として具体的には、次の通りです。

  • 家賃滞納リスクが低いのか
  • 賃貸借契約書の内容を守っていただけるか
  • 転居理由は正当なもので申込書に相違はないか
  • 連帯保証人は十分に保証する能力があるか
  • 緊急連絡先は役割を担える方なのか

最近では、「保証会社」に加入を義務づけているマンションが増加しています。入居者が保証会社に加入することで、オーナーとして滞納リスクを軽減することが可能です。

しかし保証会社への加入は、滞納リスクを軽減している方法の1つに過ぎないので、保証会社の審査に通っても入居できるかの判断とは異なります。

契約前に審査を行う

審査が行われるタイミングは、物件の契約前です。審査をするのに必要な書類が揃ったなら、入居審査が行われます。

書類が揃わない限りは入居審査を進めることはできませんので、早急に用意することをおすすめします。

書類の準備期間や提出される書類が審査基準に含まれるケースもあります。すべての書類を早めに用意することは審査がスムーズに進むだけでなく、審査に通りやすくなる可能性があるのです。

注意!入居審査に落ちない為に気を付けること

基本的には、審査に必要な書類に漏れなく記載することが、誰でもできる入居審査対策となるでしょう。賃貸マンションに入居するために、何か特別なことが必要にはなりません。

一般的には審査で重要視されるのは、家賃滞納です。保証会社を利用することが多くなっているので滞納記録が残っていることがあります。もし以前に滞納したことがあると、その後の転居先での審査に影響する可能性があるのです。

さらに審査がスムーズに進む方の特徴を見ていきましょう。

必要書類にもれなく記入するとスムーズに

審査結果が出るタイミングは、一概ではありません。しかし以下のポイントに当てはまると、それぞれ審査がスムーズにいったり、時間がかかったりします。

審査がスムーズに進む方の特徴

  • 入居申込書に漏れがない
  • 必要書類がすべて揃っている
  • 保証会社からの連絡がつながる
  • 不明点がない

審査に時間を要する方の特徴

  • 入居申込書に記載漏れがある
  • 審査に必要な書類が揃っていない
  • 書類を要請してから揃うのに時間がかかる
  • 保証会社からの連絡がつながらない
  • 不明点や虚偽がある

できる限り、審査がスムーズに進むように上記の点を心がけましょう。

不動産会社が教えるお部屋探しのコツを一挙紹介!

審査に落ちた場合には他の物件探しを

万が一審査に落ちてしまった場合でも、なぜ審査に落ちたのか理由を知ることはできません。審査結果は、覆ることがないので、他の物件を探さなければいけません。

しかし一度審査に落ちたからといって、どこも借りられないわけではありません。申込に必要な基準を満たせる物件はあるはずですので、今一度物件探しを行ってみることをおすすめします。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.