賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産管理に必要な資格と取得方法!取得するメリットとは?

更新日:

不動産管理には資格は必須ではありませんが、役立つものも多数あります。資格を取得することによって、知識を向上させ、不動産管理に活かすことができるのです。

ここでは、不動産管理に役立つ知識とどのように不動産管理に役立たせるのか解説します。

不動産管理に資格は必要?

前述にあるように、不動産管理に資格が必要かというと必須ではありません。しかし、不動産管理には幅広い知識が求められるので、資格があることで不動産管理に必要な知識を蓄えることができます。

資格が必須ではない理由と、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

不動産管理には必須ではない

不動産の管理には、「物件の清掃」や「エレベーターの保守」「原状回復工事」などが挙げられます。これらの業務は専門業者に依頼することになるので、不動産投資家に必須というわけではないのです。

もちろんこれらの業務を行うのには、「昇降機検査資格者」や「マンション管理士」などの資格が必要になることもあるでしょう。しかし、あくまで不動産管理という面で考えるなら、必須ではありません。

不動産管理の資格があるメリット

不動産投資をして、運営していくのには知識や経験が求められます。資格がなく不動産管理は行えるので、誰でも運営していくことは可能ですが成功させるのは難しいものです。長く不動産投資を安定して続けるのには、知見経験があるのかが大きな要素となります。

次の見出しから紹介する不動産管理に役立つ資格は、不動産に関する知見を広め、多方面から見た不動産運営の助けとなることでしょう。

例えば、不動産運営には基本的な不動産に関する知識が必要です。物件の質や築年数から相場を計算し、空き部屋のリスクなどを含めて経営していくことが求められるからです。

また、不動産をどのように管理していくのか、適切な方法を学ぶことも必要でしょう。必須ではない資格かもしれませんが、資格を取得することでビジネスに関する判断材料としての知識を取り入れることができるのです。

不動産投資に必要な利回り計算とは?種類と物件を探すときの注意点

不動産管理に役立つ資格5選

不動産管理に役立つ資格を5つご紹介します。どのような特徴がある資格なのか見ていきましょう。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価や価値要因の調査などを行い、不動産の利用や投資に関するアドバイスをすることもあります。そのため、土地や建物を正しく評価するのに有効な知識を取り入れることができます。

不動産鑑定士資格試験は司法試験などと並んで、難関な資格試験です。不動産運営は特別な資格が必要ないとはいえ、建物や不動産の運営に必要な知識を持っておくことは安定した経営をする助けとなるでしょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、仲介業における国家資格となります。宅地建物取引士の資格がなければ不動産の取引ができないほど重要な資格です。

不動産業者には宅建従業員の5人に1人は宅地建物取引士の設置が必要になります。

また、不動産取引の過程で、説明の仕方や必要な情報の提供が法律によって定められています。「重要事項説明」や「重要事項説明書への記名・押印」などの業務は独占業務となっているのです。

実際にこれらの業務を行うことがなかったとしても、不動産会社が説明する契約内容をより理解できたり、信頼できる業者を見極めるのにも役立つ知識となるでしょう。

マンション管理士

マンション管理士は、マンションの管理に関する業務を行います。管理組合の運営の最適化、管理規約や協定の作成、修繕計画の作成などです。

また、住民間のトラブルに助言するなどの業務も存在します。管理組合の運営をサポートしたりアドバイスしたりすることも行い、マンション管理に関するコンサルティングとも表せるでしょう。

マンションの維持管理に関するルールを学ぶので、入居者とのトラブルなく不動産運営していくのに大切な知識が取り入れられます。

管理業務主任者

管理業務主任者の資格を取得しておくと、建物の管理業者の判断ができるようになります。というのも、建物の管理をする業者が、管理組合に関する法律や建物の維持管理に関わる修繕、管理組合から委託されて事務を代行するからです。

この資格も実際に業務を行うことがないとしても、どの業者に管理を依頼すればよいのかを正しく判断する助けになることでしょう。

賃貸不動産経営管理士

民間の資格ですが、高度な専門知識と論理感を持って賃貸不動産管理を行う専門家になれる資格です。賃貸不動産管理業を中心とした法規制がないので、トラブルになってしまうこともあり、賃貸住宅管理業者登録制度が設けられました。

これにより、賃貸住宅管理における重要事項説明や記名や押印をする際に賃貸不動産経営管理士の資格が役立ちます。

https://e-dge.life/post-7971/

まとめ

不動産管理に助けとなる資格をご紹介してきました。

何の資格もなくても不動産運営や管理はできますが、より安定した運営をするのに知識を取り入れることは助けになります。これらの資格を取得するための学習は、難しい不動産投資を成功させるために役立つことでしょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.