賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産に関わる税金とは?売買や贈与に関して支払うべき税金の種類と計算方法

更新日:

不動産を売買したり、所得したりすると税金を支払う必要が生じます。不動産を売買、贈与、相続、売却とその時よって、課税される税金は異なります。いつどのような税金を支払う必要があるのかを知っておくことで、不動産の手続きや売買に必要な税金を計算できるでしょう。

この記事では、不動産に関わる税金について解説します。

不動産の手続きには税金が発生

不動産を購入したり、相続する時には税金が発生します。

多くの税金では、特例や控除が設けられているので、場合によっては節税することが可能になります。手続きをする不動産会社などで、どのような税金が必要になるのか教えてもらうことができるかもしれません。しかし、自身が理解しておくことには大きなメリットがあります。

次の見出しから、不動産の手続きのシーン別にどのような税金が必要になるのか簡潔に解説します。

不動産購入に必要な税金

不動産の購入には、消費税の他にも印紙税や登録免許税が必要となります。物やサービスを購入する時には、消費税が必要となりますが、不動産を購入する時にも同じように課税されます。

また不動産の売買に伴って必要な契約書にも、印紙税という税金が必要です。契約書に税金がかかるというのは、不動産の売買をした経験がないとイメージしにくいかもしれません。

他に必要となる税金には、登記に伴う登録免許税や不動産取得税があります。不動産を購入すると登記する必要がありますし、取得に際しても税金がかかります。購入に伴う税金にも、軽減措置がある税金がありますので、自分が取得する不動産は適用されるのか確認する必要があるでしょう。

さらにどのような税金が必要となるかについて、下記の記事で詳しく解説しています。

【基礎知識】不動産購入時にかかる税金と軽減措置

不動産贈与に伴う税金

不動産を贈与、つまりプレゼントされる時にも、贈与税がかかります。贈与された不動産の評価額に基づいて、贈与された金額を算出し、金額に合わせて贈与税が課税されます。直系尊属から贈与されたときには控除されたり、配偶者に贈与されると配偶者控除が利用できる制度もあるのです。親族の間で贈与されるときには、税金が抑えられます。

贈与をする際にも、制度を利用することで、税金を抑えることができます。配偶者への贈与の他にも、住宅資金等贈与や教育資金等贈与などがあります。どのような制度を利用できるのか、一度検討してみることをおすすめします。

贈与に伴う税金については、下記の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

【基礎知識】不動産の贈与税の仕組みから計算方法まで徹底解説

不動産相続に必要な税金

不動産を相続する時にも、基礎控除以上の不動産を所有していると税金が発生します。算出するのには、不動産の評価額を、路線価方式か倍率方式で算出します。土地の評価額を計算する必要があるので、所有する不動産の路線価を知っておく必要があるでしょう。

相続税を抑えるには、基礎控除を利用したり、小規模住宅地等の特例を利用可能です。他の方法としては、生前贈与などもあります。どのようなケースで節税をすることができるのか、自身のケースと照らし合わせておく必要があるでしょう。

相続に伴う税金については、下記の記事でさらに解説します。

不動産の相続にかかる税金とは?節税方法と注意点も

不動産売却に必要な税金

不動産を売却する時にも税金が発生します。売却の利益に対しては所得税が課税されますし、契約に際しては印紙税が必要になります。他にも、地方自治体による住民税も挙げることができるでしょう。

どれも不動産の売却の利益によって課税される金額が異なるため、計算式に当てはめて計算する必要があります。

不動産を売却する時には、抵当権を抹消する必要があります。抵当権を抹消するために司法書士へ依頼すると費用がかさみますが、自身で手続きをするよりも手間は減らすことができるでしょう。

他に、どのような税金が課税されるのか、下記の記事で解説します。

不動産売却に必要となる税金は?種類や計算方法を理解しておこう

不動産に関する税金を理解しよう

不動産に関わる税金が多種多様なことが理解できます。税金ごとに詳細な点は、各見出しのリンクからご覧になることができます。不動産を取得したり、売却したりする前に税金についての知識を持っておくことが重要です。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.