賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

管理会社に電話が繋がらない!【連絡を繋げるためのテクニック・対処法】

更新日:

前回管理会社への『電話のかけ方』について、細かく紐解いていきました。今回は管理会社に電話をかけているのに繋がらない!そんな事態に直面した時に役立つ事をまとめております。

なぜ、管理会社へ電話が繋がらないのか?

「プルプルプル・・・プルプルプル・・・プルプルプル・・・」

コール音だけがエンドレスで続くといつ繋がるか不安になりますよね。
特に緊急時は焦りとイライラがこみ上げてきて、「なんで繋がらないの!?」と。しかし繋がらないのには原因があるはずです。その原因を細かく探っていきます。

管理会社によって営業時間や曜日が違う

もしかすると営業時間外や休業日に連絡をしている可能性があります。
営業時間などは各管理会社のホームページ等に記載されているところが多いです。
事前の確認が必要ですね。

混み合う時間帯、曜日が存在する事がある

これについては正直確実なことはいえませんが、例をあげると月末付近ではお部屋の解約手続きの問合せが増えたり、営業終了時間ギリギリの滑り込みの問合せが増えたりと様々です。

管理会社へ連絡される方は入居者、仲介業者、営業の電話、マンションのオーナー様など多方面からかかって来るので混み合いやすいのが現状です。

管理会社では無く、大家さんがマンション管理をしている場合がある

大家さんが自主管理しているマンションも少なくはありません。この場合管理会社が絡んでないため大家さんへ連絡する必要があります。兼業されている大家さんの場合なかなか連絡がつかないことも…

管理会社へ電話が繋がらないときの対処法(急ぎの場合)

メール(お問合せフォーム)で連絡を取ってみる。

管理会社のホームページからお問合せフォームを探す手間はかかりますが、電話のように繋がらないといった現象は起きないので確実に伝えるならメールは結構ありです。

契約した仲介店舗に連絡を入れてみる

今住んでる部屋を決めてくれた仲介店舗は契約時に管理会社と密に連携を取っています。
仲介店舗から管理会社へ一度連絡を取ってもらうように

管理人さんに頼ってみる。

問い合わせ内容にもよりますが、管理人さんで解決できることもあります。管理人さんがいる物件は一度管理人室に訪ねてみましょう。

管理会社へ電話が繋がらないときの対処法(時間に余裕のある場合)

直接管理会社に行ってみる

直接訪ねるには事前にアポ取りをする必要がありますが、そもそも連絡が繋がらないので
アポ取りすら出来ませんよね。直接行って見たけど忙しい場合は待たされる可能性もありますので要注意です。

管理会社に書面、手紙等を送ってみる

時代背景的に電話、メールでのお問合せが圧倒多数を占めてます。手紙などでお問合せがくることは管理会社側からするとほとんどないので、インパクトはかなり強いです。最低限住んでいるマンション名、住所、問い合わせ内容、名前、電話番号と電話がつながりやすい時間帯などは書いておくといいでしょう。

時間帯や曜日を変えて連絡を入れてみる

平日仕事で忙しい人は、休日等で普段電話を掛けれない時間帯に連絡を入れてみるのも一つの手です。

対処法をいくつか並べてみましたが、それでも繋がらない場合は、電話の通信的な問題や管理会社側のシステム的な問題の可能性もありえます。

また人命に関わる火災やその他自然災害時は119番、または110番への連絡を優先して下さい!

管理会社へ電話される方は以下の記事もお読みください。

李 政浩

日常では関西弁が自然と出るが、ふとした瞬間に韓国語がでてしまう。生まれも育ちも大阪の「韓国人」。前職は美容室、今年の3月から不動産業界に初めて挑戦。今年の目標は賃貸不動産経営管理士、韓国語能力検定試験上級の取得をめざし日々奮闘。新しい切り口、観点から最良な情報をお届けしたいと考えています。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2018 AllRights Reserved.