賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産仲介が知りたい!仕組みから手続きまで

投稿日:

「マンションを購入したい」「土地を売却したい」となると、不動産仲介業者に相談することが必要でしょう。しかし、不動産仲介と言っても普段からなじみがあるわけではありません。どのような仕組みになっているのか、また手続きの流れも気になるところです。本記事では、不動産仲介の仕組みから手続きまでを解説します。

不動産仲介とは

不動産を売買するには、不動産仲介業者に依頼をする必要があります。

大手の不動産会社の場合には、仲介会社というものを独自で持っているケースもありますし、地元の不動産会社では、仲介をメインの業務としている場合もあるでしょう。いずれにしても、不動産の売買に際して「仲介」するのが不動産仲介業者です。

不動産仲介の業務

不動産仲介業者は、マンションや住宅などの物件情報を求める顧客と、住宅を販売する大家を結びつける役割を持っており、そういった業務で顧客と大家から手数料を得ています。

不動産仲介業者が行う業務内容は多岐に渡り、売買だけでなく売った後や買った後などのサポート業務も含まれています。例えば、購入検討者の場合にはヒアリングした後、適切な物件を紹介するのです。また売却希望者には、広告宣伝を行って集客のサポートもします。

不動産の売買には、登記や抵当権など数多くの手続きも必要ですが、不動産の売買に関わる手続きも仲介業者が行います。

不動産仲介の流れ

実際の不動産仲介の流れを見ていきましょう。

ヒアリング・査定

【売却希望】
最初にヒアリングを行います。売却希望であるなら、どのような土地や建物であるのか、現地の調査や市場の状況を元にして査定をしていきます。

【購入希望】
もし購入希望であるならば、どのような条件の土地や建物を探しているのか詳細な条件のヒアリングを行います。希望に合わせた購入プランを提案し、資金計画の相談も行います。

媒介契約

【売却希望】
売却する条件が決まれば、媒介契約をします。広告へ登録したり、ホームページに掲載したりして販売活動が始まります。

【購入希望】
購入希望者には、現在ある物件を紹介したり、現地へ案内したりします。物件の詳細な情報や周辺の環境についての説明もします。

売買条件の交渉

【売却希望】
売却不動産の購入希望者が現れると、詳細な売買交渉を行います。売買金額だけでなく、条件や引き渡し日なども決めていきます。

【購入希望】
購入する物件が決定すると、引き渡しの時期や代金の支払い方法などを調整します。

売買契約

【売却希望】
売却前に不動産の重要事項を説明します。内容をよく確認してから売却できるように手配します。

【購入希望】
購入する不動産の説明を受けます。不安な点を解消し、満足して購入できるように手続きを進めます。

残金決算

【売却希望】
買主から売買代金を受領すると、所有権を移転します。また、司法書士の手配や残金の決済などの手続きのサポートを行います。

【購入希望】
売主に売買代金を支払い、所有権を移転させます。ローンを組む場合には手続きを行い、さらに負担金の手配などのサポートも行います。

引き渡し

売却の場合でも購入の場合でも、スムーズに引き渡しが行われるようにします。

賃貸管理会社の業務内容と手数料相場【仲介会社との違いも解説】

不動産仲介業者を選んでスムーズに取引しよう

不動産仲介業者は、売買に関わる多種多様な業務をこなします。専門知識や免許が必要なだけでなく、豊富な知識があるからこそスムーズに取引できるのです。不動産の売買の際には、仲介業者をよく選んでスムーズに取引できるようにしましょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.