賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

NEWS

京都でおすすめのシェアオフィスは?【人気ランキング公開】

更新日:

起業や支店開設の際、設立時のイニシャルコストを抑えるために、新しいオフィスの形態を選ぶ人が増えています。「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」「シェアオフィス」などがそれに該当します。今回は京都でおすすめのシェアオフィスを紹介します。

1 シェアオフィスとは?

京都でおすすめのシェアオフィスは?【人気ランキング公開】
オフィス選びは、自分の事業内容と将来展望を踏まえ行うことが必要です。レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」「シェアオフィス」は、同じような形態をとっていますが、重きを置くところが異なります。検討してから契約することをおすすめします。

1-1「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」「シェアオフィス」の違い

1-1-1 レンタルオフィス
レンタルオフィスとは、すぐに使える状態のオフィス形態のことです。オフィス内には、内装はもちろん、インターネット環境やコピー機などの通信インフラなどの什器、が整えてあります。イニシャル時の時間や手間が省ける、イニシャルまたはランニングコストが抑えられることが一番のメリットです。立地条件が良い物件が多く、月極や時間貸しといった短期間での利用も可能となっています。

デメリットとしては、通常の賃貸契約より割高になる場合があること、運営事業者の都合が自社の運営に影響を及ぼすことがあること、利用規約事項が多く、自由に使用できない場合があることなどがあります。

1-1-2 バーチャルオフィス

業務に最低限必要な住所登録、電話番号登録、法人登記など、最低限の機能だけを借り受ける形態のことを指します。ワークスペースがないのが特徴で、自宅住所で登記したくない人、一等地に会社をかまえたい人がこのスタイルのオフィスを利用することが多いようです。イニシャル及びランニングコストはレンタルオフィスよりも、さらに安価になり、経費削減が可能です。スポットで会議室やビジネスブースが利用できる、郵便物を転送しもらえるオフィスもあります。

バーチャルオフィスの契約は、賃貸借契約ではないため、公的証明書の発行など、各種申請手続きができないケースがありますので注意が必要です。たとえば、厚生労働大臣からの許可が必要な一般派遣業は、営業所の面積や設備が許可要件を満たしているかが要件にいなっていますが、バーチャルオフィスだと、これらの条件を満たすことができず、許可はもらえません。また、住所からバーチャルオフィスであることを特定されるため、信用度に関して不利になることがあります。

1-1-3 シェアオフィス

複数の利用者が、フリーアドレス方式で作業環境の整ったワークスペースをシェアする形態です。利用者は、フリーランサーやノマドワーカーの利用が多いようです。利用者同士の繋がりを期待する人も多いため、近年は、運営主体もカフェ形式、育児スペース完備など、特徴的な設備のあるシェアオフィスづくりを行っている企業も多数見受けられます。コミュニティ面を重視したシェアオフィスを「コワーキングスペース」と別カテゴリに分けることもあります。

フリーアドレス方式のため、機密情報保持やセキュリティ面に不安があること、事業によっては公的証明書の許認可が下りない場合があることなどのマイナス面もあります。さらに、ほかの企業と一緒に作業するため、近くの席の人、電話や打ち合わせでの会話は必然的に耳に入ってきます。雑音はどうしても多くなるので、あらかじめ承知しておくことが必要です。

2 おすすめ京都のシェアオフィスの紹介

京都では、景観を重視するという場所柄、建物の高さ制限があるため、東京や大阪ほど高層ビルは多くありませんが、京都市役所や企業の本支店、金融機関が集まっている中京区を中心にシェアオフィスが展開されています。大阪や東京方面へのアクセスが良いため、多数の人が「京都」のオフィスで事業を行っています。

2-1 サラ メルクリオ

京都駅からほど近い場所にある「サラ メルクリオ」は、シェアオフィス・コワーキングスペース・貸事務所の3つから構成されています。新たな出会いや価値を求めて、活動を広げる人々が集う、マーケットのような空間を目指しています。シェアオフィス「グラネロ」の賃料は、専用オフィス(2〜3名用)は82,000円~、専用ブース1名用は46,800 円、テーブル席は35,000 円(ともに税込・初期費用別)となっています。メンバーはオープンラウンジ「サラ メルクリオ」を営業時間内なら、いつでも利用可能です。現在1名用の専用オフィスを増床中。さらに選択肢が広がります。法人登記できるうえ、「075」の市外局番から始まる電話番号とスマートフォンへの自動転送も有料で可能です。

アクセス
・都市営地下鉄烏丸線「九条」徒歩約3分
・京都市営地下鉄烏丸線「京都」徒歩約7分
・JR東海道本線「京都」徒歩約7分
・近鉄京都線「京都」徒歩約7分
・近鉄京都線「東寺」徒歩約8分
住所 京都市南区東九条下殿田町43
電話 075-681-0811
URL https://www.sala-mercurio.com/

2-2オフィステリア京都三条河原町・京都市役所前

地下鉄・阪急・京阪電鉄など、複数の鉄道が利用可能な「オフィステリア京都三条河原町・京都市役所前」。三条河原町という一等地で法人登記できるのは、とても魅力があるうえ、ホテルライクな建物はさらにラグジュアリーな気分にさせてくれます。賃料は税抜63,000円~。そのほかに1名ごとに施設利用料がかかります。オフィス家具・高速インターネット・複合機が利用かのうで、セキュリティも高レベルです。1Fはカフェラウンジになっており、朝食・ランチ・夕食のほか、バーやパーティー会場としても利用可能。レセプションフロア、ビジネスラウンジ、レンタル会議室なども完備しています。

アクセス
・京都市営地下鉄「東西線市役所前駅」 徒歩0分
・京都市営地下鉄「烏丸線烏丸御池駅」 徒歩約8分
・阪急京都線 「河原町駅」 徒歩約8分
・京阪電鉄「三条駅」徒歩約5分
・京都市営地下鉄東西線「三条京阪駅」 徒歩5分
住所 京都府京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地
電話 075-778-5000
URL http://www.offisteria.com/

2-3 グロービングスペース

GROVING BASEはビル1棟すべてがシェアオフィスとなっています。リビング、バルコニー、カフェ、フォトスタジオ、屋上など、様々な施設・設備を自由に使うことができるのが特徴です。干し野菜を使った週替わりのランチがいただけるカフェは、1階にあり、電源やWi-Fiを完備。日当たりの良い屋上では、気分転換ができるだけでなく、38,880円/年で野菜作りが行えます。プランは基本的に2種類あり、ベースオフィスプランは個人オフィスを利用するプランで、入会金が54,000円で月会費が無料。フリーオフィスプランはコワーキングスペースを利用するプランで入会金が5,400円で月会費が12,960円かかります(ともに利用スタッフ増員で追加料金が発生します)。

アクセス
・京都市営地下鉄五条駅徒歩約5分
京都市営地下鉄四条駅徒歩約9分
阪急京都線烏丸駅約9分
住所 京都市下京区新町通松原下ル富永町107番地1
電話 075-585-5358
URL https://groving-base.jp/

2-4オープンオフィス京都河原町御池

大手レンタルオフィス企業のリージャスが運営するオフィスです。京都市役所へも徒歩1分、向かい側には、京都ホテルオークラがある好立地です。24時間入館可能で、全39室でICカードキーによりセキュリティ面にも配慮。高速インターネット・Wi-Fiを完備し、ネット予約が可能なミーティングルーム、ミーティングスペースもあります。個室レンタルオフィスは54,900円/月~、半個室レンタルオフィスは28,900円/月~、シェアオフィスは23,900円/月~、バーチャルオフィスは13,900円/月~となっています。

アクセス
・地下鉄東西線「京都市役所前駅」16番出口より徒歩約1分
・地下鉄東西線「京阪三条駅」より徒歩5約分

住所 京都府京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町376 クロトビル3F~5F
電話 0120-965-412
URL https://www.regus-office.jp/area-serch/kyoto-area/kawaramachi-oike/

3.まとめ

京都でおすすめのシェアオフィスは?【人気ランキング公開】
多くの史跡や寺院があり、文化・観光・教育において重要な都市となっている京都。古い街並みを残す一方で、交通網も発展しているので、ビジネスにおいても活況となっています。京都に会社を設立することは、ビジネス上のステイタスとなるでしょう。

Edge事務局

賃貸”住まい”の新しいカタチを提供するEdge編集部が記事を書きました。

-NEWS

Copyright© Edge [エッジ] , 2019 AllRights Reserved.