賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

未分類

不動産業界にもAI・VR活用の波が!これで不動産投資も簡単になる?

投稿日:

不動産に関わる各シーンに対してテクノロジーを活用して効率化、新たな価値を創出する不動産テックが今注目されています。

特にビッグデータやAIの活用によって、専門家でなければ難しかった物件の査定も即時で知れて不動産取引の精度も高まるでしょう。AIを活用した不動産取引に興味がある方はぜひご覧ください。

AI・VRを活用した不動産テックの動き

ここ数年は金融とITをかけあわせたFintechが話題になっていましたが、これから注目されているのは不動産テックです。不動産のReal Estateと合わせて、ReTechとも呼ばれています。

不動産テックは用地取得や開発、分譲、賃貸、投資・融資判断、顧客対応、内覧、契約などの事務作業といった不動産に関連する業務をテクノロジーによって効率化したり、新しい価値を生んだりするビジネスのことです。

特に不動産テックでは今まで不動産業界の課題とも言われていた情報の非対称性や不動産取引の不透明性を解消し、複雑な制度をより簡潔に処理できるようにしてくれるという期待が持たれています。

また不動産業界ではFAXのようにインターネットがこれほど普及した時代には似つかないものを利用してサービスが提供されています。不動産テックによって、他業界に大きく引き離されたデジタル化を進めてくれるかという点も注目されています。

不動産業界大手の三菱地所は、出資してスマート内覧に取り組んでいたり、三井不動産はベンチャーキャピタルのグローバルブレインとファンドを設立して積極的な投資を行ったりしています。

こうした流れからも、大手がベンチャー企業と協業しながらAI・VR活用の可能性を模索していく期間が続くと考えられます。

AIを活用した不動産関連サービス

ここからはAIを活用した不動産関連のサービスを紹介します。

自動追客&顧客管理 nomad(ノマドクラウド)

不動産仲介業者向けの営業力向上と業務改善のためのASPシステムです。

賃貸物件を探しているお客さんが、仲介業者のアプリやLINEアカウントに質問をすると自動でAIが返信するというサービスを提供しています。そしてお客さんの希望に合う物件もAIによって自動で選ばれ、提案するというものです。

条件に合うおすすめの物件情報も自動で配信できるということで、不動産屋の業務を大幅に効率化できます。

またノマドクラウドのAIによって回答できる質問は全体の約60%程度と半分を超えています。さらに、AIなので24時間いつでもお客さんからの質問にも対応することができます。

忙しい会社員が仕事終わり、自宅で新しい家を探しているときのように、通常なら営業時間外でもAIを活用することで逃さず対応できるという点は魅力です。

ノマドクラウドでは、すべてをAIに置き換えるのではなく、人とAIで業務を分けて考えています。賃貸物件オーナーとの交渉や実際の物件案内のように近い距離でのコミュニケーションが求められるような仕事は人間が担当する前提でいます。

一方で、管理会社が行う物件確認の電話受付や、契約書の作成、条件に合う物件のマッチングなど機会的な作業で行える業務についてはAIにまかせて自動化していく方針です。

» 自動追客&顧客管理 nomad(ノマドクラウド)

不動産価格推定エンジン

不動産価格推定エンジンは、ソニーがディープラーニング技術とこれまでソニー不動産が培ってきた不動産査定のノウハウや不動産取引における知見を活用して共同開発した機械学習アルゴリズムです。

不動産価格推定エンジンは大量に集められた不動産関連情報をもとに、不動産の成約価格を推定します。最新のデータを自動的に学習させることによって、常に最新の推定価格を出すことができるという特徴があります。

不動産価格推定エンジンが算出する推定価格帯は、70%の確率で制約すると推定された価格帯で、推定の信頼度が5段階に分かれています。この信頼度が高ければ推定価格の幅も小さくなります。

不動産の売却価格や購入価格は、どの価格が妥当なのか判断するのはプロでも難しいです。そのため、仲介業者や営業担当者の能力・ノウハウ・経験の差が不動産の評価額に影響する割合も大きいです。

ですが、不動産価格推定エンジンでは、ビッグデータから算出することでユーザーはより妥当性がある価格での検討を進められるようになります。

現在、ホームページに記載されている推定精度は誤差率中央値5.15%です。これはすべての物件のうち半数の物件が5.15%以下の誤差率で推定できていることを意味します。

そして東京都23区内で1980年以降築のマンションの価格推定は、誤差20%以内の物件割合が97.34%と高精度です。これからさらにビッグデータを収集することにより今以上に精度の高い価格推定が出されるようになると期待できます。

» 不動産価格推定エンジン

不動産即時査定サービス(WEB)

マンション管理業の株式会社穴吹ハウジングサービスと株式会社コラビットが開発して提供しているAIを活用した不動産即時査定サービスです。

今所有しているマンションを売る場合や、貸す場合の推定価格をボタン1つで知ることができるようなサービスです。この推定価格はマンションの情報をもとに、AIが近隣エリアの最新取引事例や公示価格を参考にしながら、マンションの構造、築年数、専有面積、方角といった情報を使って査定結果に反映させることで、即時で相場価格を確認することができます。

このサービスを使うことによって用途地域やマンション構造のような専門的な不動産知識がなかったとしても、専門家に頼ることなく実際の取引価格に近い査定価格を知ることができます。

所有マンションの資産価値を把握することで、相続や資産運用などのライフプラン設計にも活用でき、査定価格がすぐにわかることから、スムーズなサービス提供ができるようになりました。

» 不動産即時査定サービス(WEB)

VRで変わる不動産の内見

AIの活用と並んで注目されているのがVRの活用です。VRとはバーチャルリアリティ、仮想現実のことです。VR機器を装着することによって、コンピュータが作った映像、音響などの効果によってそこにはないものが本当に存在するかのように感じさせる技術のことです。

このVR技術を使うことで、不動産の内見が大きく変わろうとしています。

ナーブ株式会社が提供する「VR内見」がそれです。内見は本来、物件に行くものでしたが、それをオンライン化してくれます。

物件情報の検索や重要事項の説明は着々とオンライン化が進められていますが、内見は現地に行かなければ実施できないものでした。どれだけ写真をみても、実際に物件に足を踏み入れて広さや位置関係を体験しないことにはイメージがしづらかったからです。

ですがVR内見を利用することで、現地に行かなくても物件を体験することができます。気になる物件が離れていると、それだけで1日を潰してしまい、体力的にもつらく、妥協して選んでしまうこともあるでしょう。

内見をオンライン化することで、移動する手間を省くことができ、より気軽に物件を体験できます。そして、写真や映像とは違うVRはより現実感ある感覚を提供します。

さらにAIも合わせて活用することで、より高度に個別化されたサービスを提供できる魅力があります。もっと広い部屋、もっと静かなところというような言語化出来ない、感覚的な部分からでも買い手が求める物件を紹介できるようになるでしょう。

まとめ


まだまだ不動産テックの分野は発展段階です。これからAIやVRの活用は進んでいきます。

これまでは膨大な知識と経験が求められた不動産投資も、AIによってより収益性の高い物件を知識がない人でも見つけられるようになるかもしれません。不動産取引における難しさも解消されるかもしれません。

不動産業界はデジタル化という面では遅れていたことは事実ですが、この不動産テックにより大きく進むことが期待できます。

今後、買い手にとっても、売り手にとってもますます便利なサービスが開発されていくでしょう。楽しみです。

Edge事務局

賃貸”住まい”の新しいカタチを提供するEdge編集部が記事を書きました。

-未分類

Copyright© Edge [エッジ] , 2018 AllRights Reserved.