賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

学生

不動産管理

賃貸の学生向けってどんな物件があるの?特徴やメリットとデメリット

更新日:

賃貸物件でも学生限定や学生向けの物件もあります。ワンルームなどの一般的な物件などと異なり、普通の賃貸物件と異なる特徴があります。

立地や物件数などが揃っている一般向けのワンルームと違った魅力がある学生向け賃貸物件の特徴やメリットなどを見ていきましょう。

学生向けの賃貸の特徴は?

考える女性

学生向け物件は、家賃や立地などが学生に適したものになっていることがあります。大学生が好みの部屋を探しやすくなっています。

寮などと異なり、門限や決まりがあるわけではないので、快適に一人暮らしができます。しかし入居者が自分で家具や家電を用意する必要があり、自立性が求められるのも事実です。寮などとは異なることは覚えておく必要があるでしょう。

大学が近いのであれば、学生のみ入居可能なワンルームや学生に特別な家賃で提供する物件もあります。

セキュリティの問題はどう?

学生向けの賃貸物件は、セキュリティにも配慮をしています。ほとんどの物件で、オートロックセキュリティの高い鍵を採用しており、防犯性を高めているので安心して入居できます。

学生寮や学生マンションには、常駐している管理人がいる物件もあるので安心して住めます。学生でも特に女性であれば、セキュリティが大きな関心となりますが、セキュリティの高い物件が多いので安心できるでしょう。

学生向け賃貸物件のメリット

学生向け賃貸物件のメリットを見ていきましょう。

セキュリティが充実している

セキュリティが充実しているので学生でも安心して生活できます。

オートロック防犯カメラなどはもちろん、入居前の審査が実施されるので人柄も確認されるケースも多いです。また学生マンションであれば、女性専用マンションもあります。

内見のときに確認したり、物件探しのときに不動産屋さんに希望する条件を伝えておきましょう。

インターネット代が含まれている物件がある

学生向け物件では、ネット代が家賃に含まれているものも多いです。学生には、授業にもエンタメにもネット回線が必要です。設備や家賃にネット環境と使用料が含まれていることもあります。

設備が充実している部屋であれば、学生のニーズに応える設備が揃っているのです。自分で契約するのが手間になると感じるのであれば、どのような設備や契約があるのか確認しましょう。

学生向け賃貸物件のデメリット

学生向け賃貸物件のデメリットを見ていきます。

家賃が高め

設備が充実している物件が選択できる一方で、家賃が高めの物件が多いのはデメリットです。

セキュリティやインターネットなどの設備が充実していることから、同様の間取りの一般向け賃貸物件と比較して家賃が高いのです。できる限り家賃が安い物件を探したい方は、学生マンション以外で物件を探すとよいでしょう。

選択肢が多くないことがある

学生マンションなどの物件は数に限りがあり、選択肢が多くないこともあります。大学付近であれば、学生マンションが多いこともありますが、学生向けとされている賃貸物件が少なく、空きがあってもすぐに埋まってしまうこともあるでしょう。

学生向け物件に住みたいのであれば、引っ越しシーズンが始まってすぐに部屋を探し始めることをおすすめします。

騒がしいことがある

学生向けの賃貸物件は、20歳前後の学生が入居者ですので騒がしくなりがちです。生活音がすること自体は仕方がないですが、友達と食事をしているとついつい騒がしくなってしまうこともあるでしょう。

静かな生活環境で暮らしたいのであれば、学生マンションを避けるべきかもしれません。

ポイントはここにある!新入生・新社会人向け賃貸事情

まとめ

勉強する学生

学生向け賃貸物件は、一般向けと同じようですが、セキュリティや設備が充実していることがあります。

選択肢が多くないこともあるので、学生向け賃貸物件を探しているなら、シーズンの早い段階から物件探しをスタートさせましょう。

-不動産管理
-, ,

Copyright© Edge [エッジ] , 2021 AllRights Reserved.