賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

駐車場の経営や運用の際に考えられるトラブルと解決方法

投稿日:

アパートの大家として運営していたり、駐車場の経営をしていたりするとトラブルは避けられません。アパートでは生活音やゴミなど複数のトラブル原因が考えられますが、駐車場もトラブルの原因になることもあります。

この記事では、駐車場で考えられるトラブルの原因と対処法をご紹介します。

駐車場のトラブルの例

駐車場トラブルでよくあるケース対処法を見ていきましょう。アパートに駐車場があったり、駐車場経営をしていたりするなら、下記の点に注意しておきましょう。

料金トラブル

駐車場でよくあるトラブルとして、料金トラブルです。アパート経営であれば家賃と一緒に振り込まれるので問題ないかもしれません。しかし駐車場経営をしていたり、コインパーキングを経営していたりするなら、料金に関係したトラブルが考えられるでしょう。

月極駐車場であれば、期日までに料金の支払いがない不払いのトラブルが考えられます。賃貸住宅ほど料金も高くないことから、滞納の意識が薄く支払いが滞る可能性もありえるのです。保証人を求めたり、一括で前払いにするなどの対策ができます。

もしコインパーキングを経営しているのであれば、表示されている料金と実際に請求されている料金が異なるというトラブルが考えられます。看板の料金を見て駐車する利用者が分かりやすい表記に変えておくと不要なトラブルを避けることができるでしょう。

不正駐車

不正駐車も駐車場でトラブルになる大きな要因です。私有地内のトラブルですので、警察が対応することはありません。管理会社があるのであれば、管理会社を通してトラブルを解決してもらうようにします。

不正駐車といっても、新しく引っ越ししてきた人が区画を間違えて駐車していることもあるでしょうし、来客の車を間違えて停めてしまうというケースも考えられます。どちらのケースも分かりやすく表示しておくことで回避できるでしょう。

万が一悪意のある不正駐車の場合には、所轄の警察署に連絡して、無断駐車の所有者へ連絡を取ってもらうことも考えられます。しかし電話番号が登録されていないと連絡が取れないこと、また盗難車両以外では対応できないなどの限界もありえます。

不正駐車が続くのであれば、掲示板で注意文を掲示したり、ポールを設置したりするなど、不正駐車されにくいように対処する必要があるでしょう。

ゴミの不法投棄

アパートであれば、自宅なのでトラブルにならないとしても、駐車場経営で無人の駐車場ではゴミの不当投棄も考えられます。無人で誰も監視しないことや自動販売機などが設置されていると、ゴミが捨てられてしまうことがあるのです。

空き缶やペットボトルであれば想像しやすいですが、ペットの散歩の後に排泄物を捨てたり、粗大ごみが捨てられたりすることもあります。ゴミがあふれていると撤去に費用がかかりますし、近隣からクレームが来る要因になりかねません。

防犯カメラや夜間照明を設置すること、さらには定期的に清掃の巡回をすることもゴミの不法投棄を抑制できます。

接触などの事故

駐車場内で接触事故が起きてしまったときは、当事者同士での解決になります。しかし駐車している車の持ち主が分からないので、管理会社に連絡して相手の方と連絡を取るケースもあるでしょう。

事故が起きてしまったときには、公道での事故と同じで警察保険会社に連絡して、相手へのお詫びや修繕費用の対応について相談が必要です。日頃からコミュニケーションが取れている入居者同士であれば、円満解決になることもあるでしょう。

万が一当て逃げ事故になったときのために、防犯カメラを設置しておくなら、防犯対策になるだけでなく事故のときに証拠にもなります。

車上荒らし

駐車場で車上荒らしが起きたときには、刑法上の犯罪なので警察に対応してもらいます。どうしても夜の間に車上荒らしが発生することがあるため、防犯カメラ常夜灯の設置が必要となるでしょう。

基本的に車上荒らしが発生したときには、警察に対応してもらいます。もし駐車場やアパートの経営をしているなら、法的な証拠となる防犯カメラを設置しておくとよいでしょう。万が一のときに警察に参考資料として提出できますし、利用者としても安心して駐車できます。

もし防犯カメラのコストや運営方法が難しいと感じるのであれば、センサーライトダミーカメラという選択肢もあります。コストがかからずに車上荒らしへの有効な対策として検討できるでしょう。

保証会社とのトラブルに注意!!よくあるトラブルや保証会社選びの注意点を紹介

まとめ

駐車場の中でトラブルが発生してしまうこともあります。当事者同士で解決する種類のトラブルや、運営するときにトラブルを予見して対策できるものもあります。

トラブルが発生する可能性がないかを考慮し、適切な対処法を取っておくことをおすすめします。

-不動産管理
-, ,

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.