賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

保証会社とのトラブルに注意!!よくあるトラブルや保証会社選びの注意点を紹介

投稿日:

保証会社とは?保証会社の役割

保証会社とのトラブルに注意!!よくあるトラブルや保証会社選びの注意点を紹介

そもそも保証会社とはどういったものなのかというと、不動産・賃貸においての保証会社は家賃保証会社とも呼ばれています。

名前の通りに家賃を保障するという業務を行う会社ですが、具体的には保証会社はどのような役割を行うことができるのでしょうか?

家賃滞納の保障と督促

家賃滞納の保障は、保証会社の業務の中でもメインとされるものです。
借主が家賃を滞納した場合、保証会社が家賃の立替を行います。

この立替には2種類があり、「代位弁済」と「収納代行」があります。
代位弁済は、家賃の入金がない場合に保証会社が大家に入金した後に、入居者に督促を行います。
一方で、収納代行は家賃の集金の段階から保証会社に委託しているものとなります。

そのため、入居者は家賃を保証会社に毎月送金する必要があり、滞ると督促を行います。

入居者の信用調査

入居者と契約を行う際に、保証会社に加入する際には審査が行われます。
入居者に支払い能力があるのかという点や、身元を確認するための審査となりますが、審査基準は各保証会社によって異なります。
保証会社の審査も入ることによって、入居者の支払い能力などの不安を大家は払拭することができます。

裁判時の訴訟費用負担

入居者が滞納するほど保証会社の負担は大きくなるので、不払いが続く場合には訴訟に発展する可能性があります。
その際の訴訟費用などを保証会社が負担してくれるのです。
そのため、退去に関する訴訟費用も保証会社に任せながら法的手段を取ることができます。

原状回復や撤去費用の負担

契約内容によって違いはありますが、借主が退去した後、次の入居者が入れるように原状回復するための費用を保障会社が負担します。
明け渡しの際に、退去後に残された私物を撤去する費用や、内装の修復なども行ってくれる契約内容もあります。

保証会社と大家との間で起こりやすいトラブルとは?

保証会社とのトラブルに注意!!よくあるトラブルや保証会社選びの注意点を紹介

保証会社の役割だけを見ると、大家にとっては家賃滞納や裁判費用の保障をしてもらえるのでメリットが多いように感じられます。
しかし、メリットだけではなく保証会社と大家間ではトラブルが起こっていることも事実です。

どういったトラブルが起こっているのか事例を見ていきましょう。

入居者が保障契約の更新料を支払わないための契約解除

保証会社は入居者の家賃滞納を保障してくれるものですが、必ずしもずっと保障してくれるとは限りません。
保証会社の更新料が発生するプランの場合、更新料の支払いを入居者が行わなければ滞納している家賃も全ては保障されないケースがあります。
このトラブルは最も多く、更新料の支払いがないからと契約が打ち切られてしまうのです。
そうすると、大家の元には契約打ち切り以降の家賃が入ってくることがありません。

自力救済による督促

最近では、法律的に厳しくなっているので減ってはきているものの、現在でも自力救済を行う保証会社はあります。
自力救済とは、法律の手続をとらずに実力行使で督促などを行うことです。

家賃を滞納しているからと鍵を勝手に変えてしまうような行為や、必要以上の請求などは自力救済となり、不法行為になります。
ひどい場合には入居者より訴えを起こされかねませんので、保証会社の督促行為には注意をしておく必要があります。

保証会社を選ぶ際の注意点

保証会社とのトラブルに注意!!よくあるトラブルや保証会社選びの注意点を紹介

保証会社とのトラブルも起こっていることも事実ですが、やはり大家としては少しでもリスクを軽減するために保証会社を利用したいものです。

そこで、少しでも優良な保証会社を利用するためにも注意しておきたいポイントを押さえましょう。

保証会社の信用や背景を確認する

保証会社が広まったのは最近ではあるので、保証会社業界自体の歴史も浅いものです。
そのため、規則や法整備においてはまだまだ弱い部分があります。

そのため、審査基準や財政体質もばらつきがあり、気付けば保証会社が倒産してしまっていたということにも成り兼ねません。
そうすると、収納代行を依頼している場合であれば、入居者から集金した家賃を保証会社が抱えた状態で倒産することになるので、大家にも大きな損害が被られます。

必ず保証会社の安全性や信用は確認するようにしましょう。

契約の更新に注意

保証会社と大家間のトラブルでも紹介しましたが、保障契約の更新切れによるトラブルは最も多いものです。
多くの保障契約は賃貸借契約の際に行われ、1年毎に更新費用を支払うことで契約を更新あします。
更新手続きを行うのは保証会社になりますが、更新料の支払いを入居者が怠れば保証契約が終わったものとして弁済されないケースもあるのです。
そのため、更新時期や契約について細かい確認をするようにしましょう。

保証会社は選べないことも多い

多くの場合、管理会社や仲介業者が選ぶ保証会社を使うことが多く、大家が選ぶというケースは少なくなっています。
やはり管理会社と保証会社が提携しており、紹介料などが支払われていることなどからも指定された保証会社の利用になってしまうことが多いのです。

もちろん、会社の信用や契約内容、督促などに問題のない保証会社もあるので、問題がなければそのまま利用しましょう。
管理会社や仲介業者の方が保証会社の実態や噂などに詳しいので、ある程度は指定された保証会社を利用しても安心して任せられます。

しかし、どうしても気になる場合には管理会社や仲介業者に伝えて、他の保証会社の利用を希望することもできます。

まとめ

保証会社とのトラブルに注意!!よくあるトラブルや保証会社選びの注意点を紹介

保証会社に加入することは、トラブルや注意点などもありますが、大家にとってのメリットやリスク回避のためにも必要なことです。
もし保証会社の動きに不信さを感じた場合には、すぐに確認を行うようにしましょう。

全てを保証会社に任せたままではトラブルに発展してしまう可能性もあります。
保証会社の選任の際も、本当に管理会社の勧める保証会社で問題がないのか改めて確認をしてください。

Edge事務局

賃貸”住まい”の新しいカタチを提供するEdge編集部が記事を書きました。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2019 AllRights Reserved.