賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産投資で自己破産するとどうなる?失敗しない方法もご紹介

投稿日:

不動産管理で失敗をしてしまい、債務超過して支払いができなくなると自己破産をすることができます。自己破産は法律で認められている制度で、債権者の権利を守りながら破産者の経済再生を目的として行われるものです。

では、自己破産してしまうとどうなるのでしょうか?失敗しない不動産投資をするポイントと一緒に見ていきましょう。

不動産投資で失敗すると自己破産するしかない?

不動産投資に失敗してしまうと、自己破産するケースはあります。誰でにも大儲けできる話などなく、不動産投資で失敗してしまった結果、破産した例もあるのです。

不動産投資の場合には投資額が高額になるので、失敗してしまうと負債も大きくなります。

もし、他の事業があってカバーできるのであれば問題ありませんが、不動産投資している額が高額の場合、支払いが滞って破産することもあるのです。

自己破産する人は増えている

自己破産をしている人が増えているのですが、必ずしも詐欺にあったとか悪質な不動産業者に騙されたわけではありません。売りに出されている物件の中には、好条件の物件もあります。

例えば、高属性の方で収入が多い方ならローンに通りやすいことがあります。しかし融資を受けてから経営を始めても、突発的に支払いが増えた結果、資金がショートしてしまうということがあるのです。

空室率がいきなり増加したり、複数の部屋でリフォームが必要になると、ローン返済が予定通りにいかないことがあります。借入額が多いなら、資金がショートしてしまうと返済が滞ってしまい、黒字なのに破産してしまうこともあるのです。

財産を保有したままにはならない

もし、不動産を所有していて自己破産してしまうとどのようになるのでしょうか?

結論として、財産を保有したままにはなりません。自己破産の手続きは、時価で20万円以上のものを保有することはできなくなっています。

土地や建物は高額なものがほとんどですので、破産管財人によって処分されます。もちろん破産者の場合でも、最低限の生活は保障されているので、すべての財産が没収されることはありません。

時価で20万円という基準の他に、現金は総額99万円まで残しておくことが可能です。

運用の仕方は裁判所によって異なりますが、時価20万円以下の車や洗濯機や冷蔵庫などの基本的な家電は残しておくことができるのです。

不動産投資で自己破産する原因

不動産投資において、自己破産してしまうのにはどのような原因があるのか見ていきましょう。

  • 知識が足りない
  • シミュレーションが間違っている
  • 空室率が高い

これらの点がどのように影響するのか見ていきましょう。

不動産投資に対する知識がない

まず、そもそも不動産投資に対する知識がないのに不動産投資をスタートさせていることが理由です。

高所得の人でも安定した将来を夢見て投資をスタートさせるのです。高所得でローンの審査にも通りやすく、最初に成功したとしても2件目で失敗するということもあります。不動産投資をする前に知識を蓄えたり詐欺的セールスに注意することで失敗を避けましょう。

金融機関のシミュレーションが間違っている

収益物件を見つけたときには利回りが主な検討材料ですが、あくまでも購入時点でのシミュレーションです。

金融機関からの借り入れをして、順調に返済していくことができるのか、シミュレーションが間違っていると資金がショートしてしまうことになります。

空室率が高い

空室率が高いことも自己破産の原因になるでしょう。

物件周辺の状況が変化してしまったり、空室を埋める工夫をしていないなら、自己破産に近づいてしまいます。

金融機関からの融資を受けているなら、確実に空室を埋めるという覚悟で工夫していかなければいけません。

自己破産を防ぐためにできること

自己破産を防ぐために何ができるのでしょうか?

  • 慎重に物件を選ぶこと
  • シミュレーションを徹底すること
  • 信頼できる管理会社を選ぶこと

項目別に見ていきましょう。

慎重に物件を選ぶ

不動産投資において物件選びは非常に重要です。女性目線で物件を選んだり、物件の周辺環境を確認しておくことも大切です。

人通りの多さや近くにコンビニがあるかなど、利便性だけでなく住みやすい環境なのかを確認しておくと良いでしょう。

物件購入時のシミュレーションを徹底する

利回りを見ていても、この先築年数が増えていくにしたがって同じ収益になるとは限りません。

金融機関からの借入金や利子などを支払いできるのか、長期間に渡ってシミュレーションすることが必要でしょう。

黒字であっても、リフォームなど突発的に支払いが増えることでショートしてしまう黒字破産の可能性もあります。長期間のシミュレーションをしておき、融資を返済できる計画をしておきましょう。

信頼できる管理会社を選ぶ

管理会社選びも大切です。集客をしたり、入居者付けをしたりするのは管理会社の働きによるからです。

優良な入居者に入ってもらうためにも、信頼できる管理会社を選びましょう。

資産運用の初心者なら不動産投資信託かワンルームマンション投資推奨

まとめ

不動産投資では、融資額も大きくなることから自己破産のリスクもあります。

もちろん自己破産をしてしまっても、一定の生活は保障されています。しかし知識を取り入れたり、シミュレーションをしっかりすることで失敗しない不動産投資を行えるようにしていきましょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.