賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

損しないためには?不動産担保ローンについて詳しく解説

更新日:

ローンは消費者金融や銀行などから、無担保でお金を借りることができるサービスで、担保となる不動産の価値に合わせてお金を借りるという方法です。

では、不動産担保ローンとはどのようにお金を借りることができるのでしょうか?本記事では、不動産担保ローンの基本的な情報や注意点を紹介します。

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは、不動産を担保にしてお金を借りる方法です。不動産になるのは土地や建物、またマンションなどですが、別荘などでも可能な場合もあります。

場合によっては自分の名義ではなくても、他人名義のものを担保として利用することも可能です。金融機関によっては、法人が所有している不動産を担保にできます。

不動産ローンと住宅ローンの違い

住宅ローンも不動産を担保にしているという点では同じですが、不動産担保ローンとの違いもあります。

項目別にさらに見ていきましょう。

住宅ローンはマイホーム限定

住宅ローンは、マイホームに限定して借入できるローンです。これから住む家を購入するために、自宅を担保としてローンを組みます。

不動産担保ローンでは、すでにある不動産を担保にするのに対して、住宅ローンはこれから建つ不動産を担保にすることができます。利用目的はマイホームを購入することに限定されるため、借入目的が限定されない不動産担保ローンとは利用できる幅が異なります。

勤務状況が審査される

住宅ローンでは、これから建つ不動産を担保にするため、勤続年数がどのくらいなのかなどの勤務状況も審査内容に含まれます。

例えば、起業して1年目の人よりも、10年20年と継続して勤務してきた人の方が審査に通りやすくなるのです。

借り入れ状況もチェックされる

他にも、他社での借り入れ状況や滞納があるかどうかもチェックされます。個人信用情報や法人情報などの照会から審査の際にチェックされるのです。

また、税金などを滞りなく納めているのかも確認されます。

不動産担保ローンのメリットは?

次に、不動産担保ローンのメリットを見ていきましょう。

低金利でローンが組める

不動産を担保にするため、一般的な無担保ローンに比べ金利が低いことが大きな特徴で、借入金額が大きくなればなるほど、総返済額の差が大きくなります。

そのため、長期間で安定して返済できる場合におすすめなローンです。

限度額が大きい

不動産を担保にしているため、限度額が不動産の価値によって変わります。

そのため、不動産の価値が高ければ高いほど高額な融資を得ることができます。

事業用でも利用可能

住宅ローンでは、自宅用の借り入れに限定されます。しかし不動産担保ローンの場合には、借入目的は限定されません。

評価額によって変わりますが、事業用としても借り入れ可能なローンです。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンのデメリットも見ていきましょう。

手数料がかかる

カードローンの場合には、利息以外に費用は必要ありません。しかし、不動産担保ローンの場合には、登記の手続きなど費用が発生します。事務手数料や印紙代など、合計すると数十万かかるケースもあるのです。

借入金額によっては、無担保ローンとのメリットの差が少ないこともあるので注意が必要です。

返済できなかった場合は不動産を失う

不動産担保ローンは名前の通り不動産を担保にするので、返済できなかった場合は不動産を失う可能性があります。

抵当権や根抵当権の登記がされているので、返済できない場合には金融機関が不動産を売却して借入金額を回収します。借入をする前によく計画する必要がありますが、最終的なリスクも含めて考慮しましょう。

不動産売却に必要となる税金は?種類や計算方法を理解しておこう

不動産担保ローンは担保で信頼を高めたローン

不動産担保ローンは、不動産という担保を提供することで、信頼性を高めたローンです。事業用に使うこともできますが、返済の計画をしっかり立てることが求められます。

損をしないために、必要になる手数料や金利などの計算もしておくことをおすすめします。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.