賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産投資

不動産投資の手法別、おすすめランキング5【初心者向け】

投稿日:

「不動産投資」と一括りにしても、様々な投資手法があります。

どのような不動産に投資するかということを考えるだけでも、新築か中古か、戸建てかマンションか、区分か一棟か、都心部か地方か、単身向けかファミリーか、そもそも融資を得るのか、自己資金だけで不動産投資を行うなど、様々です。

ただ漠然と「不動産投資をしよう」と思っていると、そこから先に進みにくいでしょう。

そこでこの記事では、個人投資家がこれから取り組むのにおすすめの不動産投資を紹介していきます。

1.個人投資家が取り組むのにおすすめの不動産投資ランキング

不動産投資の手法別、おすすめランキング5【初心者向け】

1位:区分ワンルームマンション

1部屋からでも始められる区分ワンルームマンション投資は、初期費用で必要な金額や想定利回り、今後の需要を考えてもおすすめです。現金で500万円ほどあれば、物件選びを丁寧にすることで、中古の区分ワンルームをローンなしで購入することもできます。

また人口動態をみても、単身世帯は都心部で特に増加していくことが予測されています。単身世帯はワンルームマンションを借りることがほとんどなので、入居者の募集がしやすいです。

ワンルームマンションでは、特に立地を気にする入居者が多いので、これから区分ワンルームマンション投資を行う場合は、立地の良さを一番気にするようにしましょう。都心部での通勤時間は年々減少傾向にあります。今は通勤圏内だったとしても、数年後に需要が同じままなのか不安が残ります。

また区分ワンルームマンションなら、様々な立地や条件で複数戸運用することもできます。不動産投資は初めてで、とりあえず始めよう!という方にもちょうどいいです。

ここで経験を積んでノウハウを貯めることで、より大きな投資をする足がかりにもできます。

2位:アパート経営

アパート経営では、区分ワンルームマンション投資とは異なり、最初から複数の部屋を所有することになります。そのため、初期投資の金額は区分ワンルームマンションよりも高く、ほとんどの場合銀行からの融資を受けて購入することになります。

しかし、複数の部屋を所有すれば、仮に数ヶ月、1室だけ埋まらなかったとしても、全体でみると赤字にはならないというような運用の仕方ができます。満室経営することが一番ですが、そううまくいかないのが不動産投資です。

それでも安定して家賃収入を得られる可能性が高いアパート経営は、区分ワンルームマンション投資に続いておすすめの不動産投資です。またアパート経営を始めるときには、土地も合わせて購入することが一般的です。

たとえ老朽化したとしても、立地がよければ建て替えて、引き続き好条件でアパート経営を続けることができます。土地があれば、周辺環境の変化にも柔軟に対応できるので、アパート経営からの家賃収入だけでなく、土地という資産も合わせて手に入れられるという点で考えてもメリットが大きいです。

そのときにも、やはり立地は非常に重要になるので、アパートを建てる前の立地選びは慎重に行うようにしましょう。

3位:駐車場経営

駐車場経営は、利回りは小さいですが安定して収入を得ることができます。駐車場経営を始めるときには、土地を整地する必要があります。その整地費用・舗装費用・駐車場経営のための設備費用が必要になりますが、アパートを建てるほどのお金は必要ありません。

初期費用を抑えて取り組めるというのが魅力の一つです。

もし土地を相続などで取得したものの活用できていないような場合には、ただ固定資産税を払い続けるよりも、駐車場として運営する方が節税にもつながり、収入にもなります。

4位.区分ファミリーマンション

ファミリーマンションタイプの区分投資は、家賃相場はワンルームマンションよりも高くなります。また入居者の質としてもファミリーマンションの方が高い傾向にあるので、安心して貸し出すことができるというメリットもあります。

またファミリータイプの大きな魅力は、入居者が決まった後の入居期間の長さです。

ワンルームマンションの場合は、学生や単身赴任中のビジネスマンも利用することが多くあり、1年単位で入居者が変わるということもあり得ます。自分自身や周りを振り返ってみても、多くの方が長期期間同じマンションに住んでいるのではないでしょうか?

しかしファミリーマンションの場合は子どもが小さいうちは転校をしたくない家族が多いので、入居した家庭のお子さんが小学校1年生の場合、それから義務教育が終わる9年間は、入居し続けてくれる可能性が高いです。そのため、一度入居者が決まれば安定した家賃収入を得やすいというメリットがあります。

またワンルームマンションに比べて交通の便などを気にしない傾向があります。それよりも治安の良さや周りの静かさ、公園などを大事にするからです。

ただしファミリーマンションはワンルームマンションよりも初期費用は高いです。そして、たとえ部屋の広さがワンルームマンションよりも倍あるからといって、倍の家賃が取れるわけではありません。1.5倍がいいところでしょう。そのため利回りはワンルームマンションよりも低くなることが多いです。

5位.戸建て

マンションの一室を賃貸に出すということはイメージしやすいと思いますが、戸建て投資では、一軒家を賃貸物件として運用します。

一戸建ての住宅を借りる人がいるのか?と特に都市部に住んでいる方は思うかもしれませんが、地方に行くと実は戸建賃貸に住んでいる方は想像よりも多いです。

地方であれば、物件購入費用も安く抑えることができるので、賃貸に出すためのリフォームを行うとしても、500万円を初期費用として準備できれば十分に始められる不動産投資です。

戸建て賃貸のメリットは、管理の手間がほとんどかからないことです。アパート経営であれば、アパートの庭などの共有部分をきちんと管理するのはオーナーの責任ですし、共同住宅であれば、区分投資でも隣人とのトラブル対応などが生まれます。

戸建て賃貸であれば、庭の整備は入居者自身が行いますし、隣人トラブルも少ないです。また戸建てを借りるくらいなので、10年単位で住むことを考えてくださっている方でしょう。入居期間が長くなる可能性が高いので、安定経営にもなります。

戸建賃貸は、地方であれば十分に収益を見込める不動産投資ですが、戸建てなので入居者が決まるまではずっと収入がないままです。また立地によっては冠水などの自然災害の影響を受けることもあるので、都心部ではあまり気にすることがないハザードマップなども確認することが必要です。

2.不動産投資の手法を知って、正しく投資を行おう!

不動産投資の手法別、おすすめランキング5【初心者向け】
取り組んでみようと思った投資手法はありましたでしょうか。

これから始める方におすすめの不動産投資ランキングというテーマでお伝えしましたが、どの投資を選んだとしてもリスクがつきものです。どれだけ取り組みやすいものでも、損失を出す可能性がありますし、天災などのオーナー自身の力ではどうしようもないことも起こりえます。

不動産投資で良い面ばかり、または悪い面ばかりと極端にどちらかが注目されますが、大切なことはプラスとマイナスのバランスをみることです。不動産投資経験者の意見を参考にするのはいいですが、振り回されないように気をつけることも大切です。

ちなみに不動産投資の成功の決め手は、賃料査定にあります。弊社でも無料で賃料査定を行なっていますので、ぜひお問い合わせください。


無料賃料査定こちら

Edge事務局

賃貸”住まい”の新しいカタチを提供するEdge編集部が記事を書きました。

-不動産投資

Copyright© Edge [エッジ] , 2018 AllRights Reserved.