賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産コンサルタントの仕事とは?必要な資格もご紹介

更新日:

どのような家を購入すべきか悩んでいる人のために、客観的にアドバイスをするのが不動産コンサルタントという仕事です。誰でもコンサルタントと名乗れば仕事はできますが、必要とされる資格もあります。

そこで今回は、不動産コンサルタントになるために必要なことをご紹介します。

不動産コンサルタントの仕事内容

不動産コンサルタントとは、不動産コンサルティングマスターの資格を取得し、専門的な知識から不動産の利用や取得に関してコンサルティングを行う人のことです。不動産の知識を使ってアドバイスするなら誰でも不動産コンサルタントと呼ぶことができますが、資格を取得していることで持っている知識や技能を証明できます

不動産の取引をする際には、法律が絡んでくるだけでなく、土地や建物を活用する方法も様々あります。何も知識がない人が不動産を上手に活用することは難しいので不動産コンサルティングを受けます。コンサルタントは、顧客のニーズ所有している物件の条件を考慮し適切なアドバイスをするのです。

市場の調査だけでなく、売買契約に関するアドバイス金融機関への融資交渉など業務範囲は多岐に渡ります。

不動産コンサルタントの仕事先

不動産コンサルタントは、不動産会社でも活躍できるでしょう。もちろんそれだけでなく、コンサルティングを業務の一環としている不動産会社や、コンサルティングが主になっている会社でも資格を活かせます。

ある程度の経験を積めば、独立して自身のコンサルティング会社を企業することも選択肢になるでしょう。いずれにしても、自信のスキルや営業力に関わっている部分が多いことが特徴です。

不動産コンサルタントになるために

不動産コンサルタントになるために必要な資格を見ていきましょう。もちろん必須ではありませんが、資格があることで自身の技能を証明できるので取得していると良いと思います。

不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルタントに必要な資格として、「不動産コンサルティングマスター」の資格があります。不動産に関する適切なアドバイスできる知識や技能があることを認定でき、資格試験に合格したものに与えられます。

この不動産コンサルティングマスターは、「不動産コンサルティング技能登録者」という名称だったのですが、平成25年に不動産コンサルティングマスターに名称変更されました。

不動産関連業務が複雑化しており、深い知識が求められる中で、法律・経済・建築などの複数の面から、不動産のプロとしてアドバイスできる専門家となるのです。

資格を受験するのに必要な資格は以下の3つです。

宅地建物取引主任者資格

不動産の取引に必要な資格です。不動産の売買や賃借の際に、土地の状況や権利などを調査して契約の仲介をするのに必要です。宅地建物取引士の資格を取得し、現に宅地建物取引業に従事していることが求められています。

不動産鑑定士

不動産鑑定士とは、土地の適正な地価や土地利用を図るための専門家です。地価の公示地価調査などで活躍します。不動産のプロとして、不動産の有効活用だけでなく、開発計画のアドバイスも行います。不動産鑑定業に従事しているか、これから従事することが必要です。

1級建築士

1級建築士は、構造・設備・意匠など建物の設計などが主な業務です。2級建築士では、戸建て住宅など小規模の建物を設計しますが、1級建築士の場合には大規模な建物でも設計できます。

オフィスビルや病院など大型の建物は1級建築士の資格がなければ設計できません。受験には、現に建築設計業工事監理業に従事していることが必要です。

不動産コンサルティングマスターの受験について

不動産コンサルティングマスターの受験についても見ていきましょう。

上記で説明したように、一般的な資格とは異なり、3つのいずれかの資格を取得し従事していることが必要です。それで、受験資格のハードルが高い資格と言えるでしょう。

試験は50問となっており、試験科目は事業、経済、金融、税制、法律があります。合格率はおおよそ40%ほどです。

不動産コンサルティングマスターの資格は、試験に合格してからもハードルが高く、登録するために5年以上の実務経験が必要です。試験に合格したからと言って自動的に不動産コンサルティングマスターになれるわけではなく、条件を満たしてからでなければ登録できないのです。

不動産鑑定士とはどんな仕事?必要な資格や試験制度とは

資格を取得して適切なコンサルティングを

不動産コンサルタントには知識があれば業務に携われますが、やはり自称コンサルタントではなく資格によって裏付けされたいものです。

そのためにも、不動産コンサルティングマスターの資格取得を目標に必要な受験資格を満たすことをおすすめします。

-不動産管理
-

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.