賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

不動産テックとはどういう意味?必要とされている理由は?

投稿日:

不動産の生産性を高めるために注目されているのが「不動産テック」と呼ばれる分野です。現状抱えている課題をどのように改善していき、なぜ必要とされているのでしょうか?

今回の記事では、不動産テックの概要から必要とされている背景を詳しくご紹介します。

不動産テックの概要

不動産テックというのは、不動産とテクノロジー略語で、現状の不動産ビジネスが抱えている課題をテクノロジーで解決することが焦点に置かれてます。ただ単にITツールを利用するだけでなく、その他の不動産の分野でもビジネスを改善するために、技術やシステムが導入されています。

不動産に関する業務を効率化して人員不足を改善したり、物件をスムーズに売却したり賃借するために付加価値をつけるために不動産テックが活用されるのです。

不動産テックが必要とされる理由

不動産テックが必要とされている理由は何でしょうか?基本的な理由には、IT投資が少ないことがあります。人口が減少している日本では、労働生産性を向上させることが必要です。しかし不動産業界では、ITとは程遠い業務方法を取り入れている会社が多いのです。

例えば、テレアポで営業をしたり、街の不動産屋のようにインターネットとは関係なく仕事を行うなどです。しかし今まで以上に生産効率を向上させるには、ITの力が必要となります。これが不動産業界に、不動産テックが必要とされる理由です。

不動産テックの例

不動産テックは、業種ごとにどのように活用されているのでしょうか?。多種多様な業務において新しい技術が投入されており、業務を効率化することが目標に技術やツールが開発されています。

管理業務

不動産会社が業務を効率化させるためのサービスやツールが提供されています。顧客情報を管理したり、不動産を運営するのに助けになるツールがあるのです。

BtoC向けのサービスが多いことが特徴です。スマホやVRの技術が組み込まれているものもあり、新しい価値を生み出しています。

仲介業務

不動産の売買や賃貸の仲介をサポートします。仲介業務では、管理業務を効率化されることがポイントです。

不動産業者向けに、これまでExcelに頼っていたものをツールやサービスに置き換えられています。

クライドファンディング

クラウドファンディングでは、個人などの投資家から資金を集めて不動産へ投資を行います。もしくは、不動産事業を行うために、資金の提供者とマッチングさせるサービスです。

小口から参入できるというメリットがある一方で、運営方法の問題や支払い遅延などのトラブルも報告されており、これから成熟することが期待される分野です。

ローン

不動産取得のためのローンや保証サービスを比較したり仲介しするサービスです。現状では多くの手書きの書類があるので、これから業務効率化が期待されます。

海外で多くのサービスがある分野ですので、これからの成長が期待できるでしょう。

リフォーム

リフォーム業者をマッチングさせるための不動産テックになります。

新築だけでなく、中古物件をリフォームすることが一般的になっているので、増加している分野です。

IoT

ネットワークに接続されて機器にあるデータから分析を行います。例えば、スマートロックや家電製品の遠隔操作などがこの分野です。

データがどのように活かされる、また導入段階での保守管理の計画などが重要でしょう。

シェアリング

不動産や空部屋をシェアするためのサービスです。有名なサービスとして、Airbnbがあります。

それだけでなく、会議室やイベントスペース、駐車場なども活用されています。効果的に空間利用するために、不動産テックが活用されているのです。

VR

VR機器などを使って、家具配置をシミュレーションしたりや宣伝したりするために活用できる技術です。

例えば、実際に内覧しているかのように、VR技術を使って内見できるシステムなどが使われています。

【最新版】不動産管理会社おすすめランキング

不動産テックの今後の活用に期待

不動産業界というITとは程遠い業界で、IT技術が導入されることが期待されています。もちろん、効率化させる仕事がなくなると消極的な見方をする人もいます。

しかし、他社と差別化するために、また顧客のニーズに応えるためにも不動産テックが活用されることが期待できるでしょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.