賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産投資

不動産ジャパンとは何?利用するメリットとデメリットについて

投稿日:

不動産業者であれば、不動産ジャパンという言葉を聞いたことがあるかもしれません。よく耳にするのはレインズという情報システムですが、不動産ジャパンは聞いたことがない方もおられるでしょう。

レインズよりさらに一般向けになったのが不動産ジャパン。そんな不動産ジャパンはどのようなシステムなのか、また利用するメリットとデメリットをご紹介します。

不動産ジャパンとは何?

不動産ジャパンというのは、公益財団法人不動産流通推進センターが管理している総合不動産情報サイトになります。

この不動産ジャパンというのは、不動産売買や賃貸に関する情報を提供している不動産サイトです。民間のサイトではないことから、第三者目線で公平な情報が提供されているサイトです。

レインズとの違い

不動産会社が物件情報を検索するのに使うのがレインズです。「Real Estate Information System」という言葉の略語なのですが、宅建業者の免許が必要なので、一般ユーザーがアクセスできないサイトです。

不動産会社は、レインズを使って物件の検索から紹介を行うことが多いです。投資家が不動産を売却したり、賃貸の入居者を募集した利する場合はレインズに登録をしてから募集します。

レインズの場合には成約情報も載せられており、販売情報のみ記載されている不動産ジャパンよりも多くの情報が掲載されています。不動産の売買は価格交渉が行われることから、相場を調べるのにはレインズが使われることが多いです。

不動産ジャパンが提供するサービス

では、不動産ジャパンではどのようなサービスを提供しているのでしょうか?

  • 物件検索
  • 不動産会社検索
  • 不動産の情報コンテンツ

これらのサービスがあります。さらに詳しく見ていきましょう。

物件検索

全国の不動産会社が加入しているので、全国の不動産情報があります。

物件数の目安はおよそ11万件となっており、売買だけでなく、賃貸物件も検索して閲覧できます。

不動産会社検索

不動産会社を検索できるのも、不動産ジャパンの機能です。

五十音順で条件にあった不動産会社を探せるので、必要な情報を得たい会社を比較しながら問い合わせできるでしょう。不動産会社の情報も全国規模になります。

不動産の情報コンテンツ

不動産ジャパンの大きな特徴となるのは、不動産に関する知識を深められるコンテンツを提供していることです。

価格査定に関する情報や知識、物件の探し方など、信頼性の高い情報を提供しているので、不動産投資や物件を探している方に有益な情報があるでしょう。

不動産ジャパンを利用するメリット

レインズの場合には、不動産業界の関係者のみ閲覧できますが、不動産ジャパンの場合は誰でも閲覧できます

不動産情報のポータルサイトとして、多くの役割を果たしています。売却だけでなく賃貸物件の情報も数多くあるので、様々な不動産情報を得るのに役立つでしょう。

不動産関係のトラブルが発生したならば、不動産ジャパンのコンテンツで住まいのトラブルに関する情報も提供しているので、どのような対処法があるのか参考にできます。一般の方でも不動産に関する知識を蓄えられるサイトです。

不動産ジャパンを利用するデメリット

不動産ジャパンを利用するデメリットとしては、大きなものはないのですが、取り立てて大きな特徴が無いことがデメリットでしょう。

なぜかと言うと、不動産ジャパンを利用して検索できる物件は、大手のポータルサイトに掲載されている情報だからです。

ポータルサイトに登録されてから不動産ジャパンにも登録されるので、利便性や物件数からポータルサイトの方に優位性があります。一般ユーザーとしても、ポータルサイトを利用することが多いのが現状です。

【初心者向け】不動産投資って何?不動産投資の始め方

不動産の知識を増やすのにも役立てられる

不動産の総合ポータルサイトとしての役割を持っている不動産ジャパン。利便性から言うならば、大手のポータルサイトにまで及びませんが、それでも公益財団法人が信頼性の高い情報を提供しているので役立ちます。

不動産投資や知識を加えるのに、役立てられるサイトです。

-不動産投資

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.