賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

おすすめ不動産会社は?業者の特徴や選び方をご紹介!

更新日:

お部屋探しには不動産会社を仲介します。しかし、不動産会社をどのように探せばよいのか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

満足できる物件探しには、良い不動産屋探しが不可欠です。今回は、おすすめできる業者を探すポイントとは何かご紹介します。

不動産には大手と地元密着がある

不動産業者は大きく分けると、大手地域密着型の2つがあります。それぞれどのような特徴を持っているのかお部屋探しで参考にしたい点を見ていきましょう。

大手の不動産業者の特徴

大手の業者のメリット

大手の不動産業者の場合には、紹介してくれる物件が多いことが1番のメリットになります。

不動産業者間では、「レインズ」という物件データベースがありますが、大手の不動産業者の場合にはレインズを契約しているので多くの物件を紹介できます。

他にも、大手不動産業者であればスタッフも多いことから、契約までスムーズに進みやすいこともメリットです。待ち時間も少なく対応してもらえたりするので利便性が高いと感じることでしょう。

さらに初期費用をカードで支払える業者もあります。カード払いであれば、分割にも対応できるので、初期費用を分割したい方にとって魅力的になるでしょう。

大手業者のデメリット

デメリットとしては、大手なので融通が利きにくいと感じることがあるでしょう。家賃の値下げ交渉などは、大手のルールがあるので地元の不動産業者ほど行えないことが考えられます。

少しでも値下げ交渉をしたいと思うなら、地元密着の業者を探すことが必要でしょう。

地元密着の不動産業者の特徴

地元密着の業者のメリット

地元密着業者のメリットとして、交渉が行いやすく融通が利くことがあります。値下げ交渉はもちろんのこと、設備に関しても相談してみることができるでしょう。

大手の場合では、ルールで縛られていることがあっても、地元密着業者であれば大家さんに掛け合ってくれることがあります。

さらに地元密着業者であれば、ネットでは出回っていない物件があることも考えられます。仲介も行っている不動産業者であれば、空室が出たタイミングで情報を提供してくれる可能性もあるでしょう。

このように地元密着の業者の方が、顧客との距離が近いことがメリットとなります。

地元密着業者のデメリット

地元密着業者のデメリットとして、担当地域以外では紹介してもらえる物件が少ないことでしょう。エリアを絞って業務を行っていることもあるので、物件の量の面では大手に劣ってしまいます。

また、大手の業者であればキャンペーンなどをしている可能性もありますが、地元密着型の業者の場合にはあまり期待できません。

接客の態度なども大手の業者ほど優れているとは言いにくいでしょう。大手であれば、マナー研修や接客マニュアルが徹底しているからです。

不動産業者を選ぶ際のポイントは?

不動産業者を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

希望する条件に応えてくれる業者

希望する条件に応えてくれる業者はスムーズに物件探しができるでしょう。物件の詳細な希望条件を聞いてくれて、その条件に合った物件を探し出そうとしてくれるなら、良い業者である可能性が高くなります。

もちろん条件を出し過ぎても物件の選択肢が狭くなる可能性がありますが、ある程度の条件の中で探そうとしてくれる業者ならおすすめできます。

理由を聞いてくれる業者

引っ越しの動機や理由もしっかりと聞いてくれる業者も良いでしょう。

物件探しのこだわりや外せない条件などを引っ越し理由から絞ってくれる業者なら、良い物件を提案してくれる可能性があるでしょう。

物件の情報が最新である

持っている物件の情報が最新であることもポイントです。もし日に焼けていたり長期間張り出されたりしている物件があるなら、おとり物件や人気がない物件の可能性があります。

他の物件もニーズに合うももの、また良い提案ができるとは思いにくいので注意しておきましょう。

路上看板を出していない

路上に看板が出ている業者にも注意が必要です。建物の敷地を超えて看板は設置できないので、法律を守っている業者なのかは気持ちよく契約できる業者なのかを判断する材料となるでしょう。

不動産会社が教えるお部屋探しのコツを一挙紹介!

まとめ

不動産物件を探すときには、どのような不動産業者を仲介するのかもポイントとなります。

この記事で取り上げたポイントを考慮して、自分の条件に合った物件を紹介してもらうようにしましょう。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.