賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産投資

【海外不動産投資】アメリカの2019年最新情報

更新日:

海外不動産投資をする方にとって、魅力のある場所はアメリカでしょう。実際に日本の投資家で、海外不動産投資に目を向ける方も多いです。なぜアメリカの不動産投資が注目されているのでしょうか?また地域ごとの不動産投資の実情はどうなっているのか、本記事で解説いたします。

アメリカの不動産投資事情

まずアメリカの不動産投資事情を抑えておきたいものです。多くの投資家が注目する理由を見ておきましょう。大きく分けると、キャッシュフローを最大化できることと、不動産価格が上昇していることに分けられます。

キャッシュフローを最大化できる

アメリカは全体として見た時に、少子高齢化が進む日本とは異なり、人口増加が見込める国となっています。

また経済成長もしているので、住宅需要は増すことも見込まれています。賃料も上がっていることから、インカムゲインが安定すること、また売却時のキャピタルゲインも得られる可能性が高いのです。このようなキャッシュフローの最大化が魅力です。

不動産価格の上昇

別の点は、不動産価格の上昇です。

S&P/ケース・シラー・全米住宅価格指数を見てみると、2000年の住宅の価格を100とすると、2017年にはほぼ2倍の価格となっています。これまでの実績を見てみると、これからも上昇することが予想されるのです。

日本の場合では、不動産価格が下落される懸念がされているので、アメリカでの投資は大きな魅力を持っていると言えます。

テキサス

テキサスは経済成長が著しいことがメリットです。それに伴って雇用率が上昇していることも、魅力的なポイントとなります。もちろんアメリカでの不動産投資なので、節税にもつなげることができますので、海外での不動産投資を考えているならおすすめできるスポットです。

固定資産税が高いことや、自然災害があることがリスクでもあるので、リスク管理をすることが不動産投資の成功を左右します。さらに詳しい点は、下記記事で解説しています。

【海外不動産投資】テキサスの2019年最新情報

ハワイ

ハワイは言わずと知れた観光スポットです。訪れる人や滞在する人が多いので、不動産市場としても安定しているのは、不動産投資の視点で見たハワイのメリットです。自然災害が少ないこともあり、不動産価格が上昇傾向があるという特徴があります。

経済の成長が減速気味なことや、利回りがそれほど高くないことは懸念材料として残ります。メリットとデメリットを考慮しながら、物件選びをすることが求められるでしょう。さらに詳しいポイントを、下記記事で解説します。

【海外不動産投資】ハワイの2019年最新情報

ニューヨーク

ニューヨークは、ビジネスやエンターテインメントなど、人やお金が集まる都市です。そのため、不動産価格が上昇しており、インカムゲインが高い事がニューヨークの特徴です。もちろん不動産価格も高くなるので資金が必要です。しかし成長が続いている都市なので、投資先としてのメリットは多いでしょう。

不動産価格が高い事から、固定資産税が高く、利回りがそれほど良くないのはデメリットになります。投資を行う前に、デメリットをどのようにクリアするのかを慎重に考えるべきエリアです。さらに詳しい点を下記記事で解説していきます。

【海外不動産投資】ニューヨークの2019年最新情報

カリフォルニア

カリフォルニアは、経済規模が大きく、世界的に見ても5番目の規模となっています。経済が伸びているところには住宅需要もあり、不動産投資先としても有力なエリアとなります。他の特徴として、人口増加や教育の教育レベルの高さが挙げられます。これらも不動産投資家には追い風となる点です。

賃料が他の州と比較して高い傾向があるので、これから統制されていくのかは今後の動向に注目しなければなりません。また自然災害や過剰供給による価格下落は懸念されるポイントです。下記記事でさらに詳しいポイントを解説します。

【海外不動産投資】カリフォルニアの2019年最新情報

リスク管理をすれば魅力が多いアメリカの不動産投資

リスク管理をすることで、アメリカの不動産投資を成功させることができるでしょう。エリアごとの特徴を各記事で解説していますので、魅力的だと感じるエリアにどのようなメリットがあるのか考察してみることをおすすめします。

-不動産投資

Copyright© Edge [エッジ] , 2020 AllRights Reserved.