賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

家

不動産投資

無添加住宅とは?建てる前に考えたいメリットとデメリット

更新日:

家はどのような建材を採用するかによっても雰囲気が大きくことなります。無添加住宅は天然の素材を利用しているので温かみがある家として知られています。一方で価格が高くメンテナンスが大変だというイメージがあるのも事実です。

この記事では、無添加住宅とはどのようなものか、メリットとデメリットをご紹介します。

無添加住宅とは?

車と家 イメージ

無添加住宅は化学物質の影響を受けないように、自然素材にこだわって完成させられた家のことです。漆喰や天然石、無垢材や柿渋など使用する建材を厳選して、自然素材の家よりも身体に悪いものは置かないように工夫されています。

自然素材を使っているだけでなく、夏や冬という気温の変化があっても快適に生活できるように室内空気環境を整えている家です。自然素材と経年変化を楽しめるのが特徴です。

無添加住宅のメリット

無添加住宅のメリットを見ていきます。漆喰や無垢材を使用しており、自然素材に囲まれている空間は従来の住宅にはない利点です。

無垢材の質感

無垢材を使用していると、無垢材にしかない木の質感を楽しめます。木目が異なりますし、微妙に異なる色や触れた感触などは、通常の建材では味わえないものです。柔らかい肌触りで、気温が低いときでも、素足でも冷たさを感じにくいのが特徴。

材質によって硬さや肌触りが異なるので、部屋や使い方によって使い分けられます。無

漆喰の調湿作用を期待できる

無添加住宅では、漆喰を壁の素材として利用しています。漆喰には、調湿効果があるとされています。湿度が高い夏の時期には湿気を吸い込んでくれ、乾燥した冬に湿度を放出するのです。

冬場には乾燥することは避けられませんが、加湿器などを利用することで、結露を避けながら湿度を適度に保ってくれます。

経年変化を楽しめる

無垢材を利用すると、経年変化を楽しめます。時の経過とともに色合いが変化していくでしょう。

木目が際立ったり、全体の色が変化したりします。新しい状態でも木目が美しいものですが、経年変化によって味わいのある色も魅力的です。

化学物質が少ない

複合フローリングでは、有害化学物質が含まれています。室内の空気に放散されてしまうので、シックハウス症候群の原因となることもあります。

価格や施工のしやすさから複合フローリングが採用されることが多いですが、無添加住宅なら無垢材を使用するので、化学物質の元となる化学接着剤を使用していません

無添加住宅のデメリット

無添加住宅で建てる際のデメリットも見ていきます。どうしても汚れが付きやすいこと、またコストが高くなりがちで、メンテナンスが必要になることはデメリットです。

汚れや傷がつきやすい

無垢材を使用していると、表面が加工されていない自然の木材を使用しているので、汚れや傷がつきやすいというデメリットがあります。汚れを落として美しい状態を保つために、普段からお手入れを入念に行う必要があるでしょう。

塗装されている木材とは異なるのでメンテナンスが必要ですが、傷も含めて味わいとも言えます。

坪単価が高い

無添加住宅では自然素材の建材を使用しているので、コストがかかるというイメージがあるかもしれません。使用できる量が限られているので、費用は必要です。

大手のローコスト住宅と比較すると高めになりますが、将来のメンテナンスを見据えたトータルコストで考えるのもよいでしょう。

漆喰にひびが入る可能性

漆喰の壁にひびが入ってしまうことがあります。無垢材を使用していると、木材が収縮してしまい、表面にひびが入るのです。

木材が安定するまでは、ひびが入ってしまう可能性はあるでしょう。

賃貸と中古住宅ならどちらがお得?それぞれのポイントを比較!

まとめ

リビングの床に座る3人家族のポートレート

無添加住宅は自然素材を使用しているので、化学物質が含まれていないというメリットはががあります。コストではローコスト住宅には及びませんが、複数の利点があります。

またトータルコストで考えると、安心して住める無添加住宅を検討する方もおられるでしょう。健康的な住まいを必要としている方におすすめの住宅です。

-不動産投資
-

Copyright© Edge [エッジ] , 2021 AllRights Reserved.