賃貸”住まい”の新しいカタチを提供する

Edge [エッジ]

不動産管理

【リノベーションのメリットとデメリット】こんなはずじゃなかったを防ぐためのポイントは?

更新日:

築年数の古い物件の場合は、リノベーションをすることでメリットが増えます。内装がきれいになることで、空室率を低下させることもできるでしょう。デメリットも考えられますが、それを理解しておくと、よりよいリノベーションを行うことができます。本記事では、リノベーションのメリットとデメリットを解説し、成功するための方法を考察します。

リノベーションのメリット

リノベーションには、大きく分けて3つのメリットがあります
今回は「築年数の古いマンション」の場合で考えて、このポイントがどのように効果的なのか見ていきましょう。

物件の選択肢が広がる

もしこれからマンションのオーナーになるのであれば、物件の選択肢が増えるのは、大きなメリットとなるでしょう。
リノベーションをせずに、収益用物件を探していると、築年数の古いマンションの場合は、内装が老朽化していることから、どれだけの入居率になるのか心配になります。
しかし、リノベーションをすることで、たとえ築年数の古いマンションでも注文住宅のように美しい空間を作りだすことが可能になります。
もちろんリノベーションをした後は、入居者を探しやすくなるのは言うまでもありません。
リノベーションを考えるマンションオーナーなら、駅近でアクセスのよい築年数の古いマンションも、選択肢に含めることができます。
物件の選択肢が増えるので、比較的手に入れやすいマンションも考慮できるようになります。

収納不足を改善できる

別のメリットとして、収納不足を改善できることが挙げられます。
築年数の古いマンションの場合、収納の位置や大きさに不満がでることも多々あります。
リノベーションをすると、生活をする人の目線で、収納を考えることができます。
部屋の間取りや導線に合わせた収納を作り直すことができるので、利便性を大きく向上させることが可能になるのです。
もちろん、構造自体を変えることはできませんが、収納のスペースや位置を変更することはできます。
古い構造に多く見られる収納から使いやすい位置へと収納を移動させることで、物件の魅力がさらに高まることでしょう。

空室対策になる

リノベーションをするメリットには、空室対策になることも挙げられます。
古い設備のままでは、新規の入居者を募集しても空室になってしまうことがあります。
しかし、リノベーションをしている物件であれば、建物自体は古くても室内はきれいなので入居者が決まりやすくなります。
不動産屋での募集や情報サイトに掲載する時にも、リノベーション後の写真や詳細は多くの人に訴求できる内容となるでしょう。

リノベーションのデメリット

リノベーションをすることにはデメリットも含まれます。
どのような要素がデメリットになるのか、構造上の制約と管理規約による制限という2つのポイントに絞って解説していきましょう。

構造による制約がある

最初のデメリットは、構造上の変更が難しいということです。
基本的に、間取りなども変更できますが、建物の構造上、完全に自由ではありません。
例えば、上下や隣の部屋に影響がでないように改修するなどのことが挙げられます。
影響が出ないようにすることには、柱を残しておくことも含まれるでしょう。
重要な柱があるのであれば、柱は残した形でリノベーションすることとなります。
他にも、電気やガスの制約があるので、オール電化にはできない、水回りもパイプの位置が決まっているので移動できる範囲に限りがあるといったことが起こります。
このように、マンションの構造による制約があるのはリノベーションする上でデメリットになってきます。

管理規約による制限

マンションの場合には、構造上問題がなくても、管理規約によって制限があることもあります。
マンションは、住民の共有財産ですので、管理規約によって構造や材料を制限していることがあるからです。
例えば、カーペットや畳になっている部屋は、床材を変更できないといった規約もあります。
設備の種類などが管理規約によって決まっていることも懸念されます。
共有している建築物である以上、ルールが決まっているのです。

入居率アップを実現する5つの方法【空室の原因把握が重要】

 

適切なタイミングでリノベーションを行い入居率を上げよう

築年数の古いマンションでも、リノベーションすることで多くのメリットがあります。
しかし、本記事で考えたような、構造上や規約による制限があることも覚えておくべきポイントです。
これからマンションのオーナーになる場合でも、すでにオーナーでリノベーションを考えている場合でも、マンションの制限を考慮しながらプランを考え、適切なタイミングでリノベーションすることが空室を減少させ入居率を向上させる近道になるのではないでしょうか。

-不動産管理

Copyright© Edge [エッジ] , 2019 AllRights Reserved.